a flood of circle主催、祝福のロックカーニバルとともに新たな始まりを目撃した

a flood of circle主催、祝福のロックカーニバルとともに新たな始まりを目撃した
渋谷TSUTAYA O-EASTで行われた、第2回目となる「A FLOOD OF CIRCUS 2018」。
a flood of circleの声かけのもと集まったのは、UNISON SQUARE GARDEN、髭、Large House Satisfaction、CHAI、SIX LOUNGEに、佐々木亮介自身が率いるスペシャルバンドThe Hosomesと、今年も色とりどりなラインナップ。

音楽性も世代も、ともすれば普段は客層も違うのかもしれないのに、なぜか最初から最後まで同じ空気に満ちている気がしたのは、その真ん中にフラッドが掲げる「サーカス」という定義があるからだろう。
フェスでもない、対バンでもない、一夜限りの夢。
そして大トリに現れたフラッドのライブはまさしく、2018年の今、ロックンロールに夢を見ることの正しさと強さを確信させるものだった。
ここ1年くらいのフラッドは過去最高を更新し続けていると思っていたけれど、前回よりどうのとかいうレベルじゃない熱すぎるライブだった。
仲間たちの愛とか夢でより強くなる、綺麗事じゃなくて本当にそんなバンドなのだ。

そしてラストに発表されたのは2年サポートを務めたギタリスト・アオキテツの正式加入!
(佐々木の「入る?」というフリに「(言い方が)軽いよ! 入るよおー!!」と答えるというユルさが最高だった/笑)
最終的にギターを捨てて”ベストライド”を熱唱して暴れまくるというパフォーマンスを見せた彼が、フラッドの新たなエンジンになることは間違いない。

そして2月21日に発売となるニューアルバム『a flood of circle』をひっさげて、『ROCKIN'ON
JAPAN』4月号に4人揃って登場です。
初4人インタビュー、要チェックですよ!(後藤)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする