ラックライフ・PONにインタビュー。最新シングル『Naru』で放つ想いとは?

ラックライフ・PONにインタビュー。最新シングル『Naru』で放つ想いとは?
今年の春に結成10周年を迎えたラックライフ。
そんな10周年イヤーを盛り上げるように、2月にシングル『僕ら』、5月にシングル『シンボル』、8月に14曲入りメジャー2ndフルアルバム『Dear days』、そして11月にニューシングル『Naru』をリリース……と3ヶ月ごとに作品を発表するという驚きのスパンで活動をしています。

現在彼らは10周年記念の全国ツアー「10th Anniversary Tour “Winding Road”」の真っ最中。そんななかフロントマンのPON(Vo・G)をキャッチし、『Naru』に関するインタビューを行いました。
表題曲はTVアニメ『ツルネ ―風舞高校弓道部―』のオープニング主題歌。
どうやらアルバム『Dear days』の完成と同時にこのタイアップ曲書き下ろしの話が入り、彼はアルバム完成の余韻に浸る間もなくアニメ製作サイドとの打ち合わせへ向かったそうです(笑)。

アニメのテーマである「弓道」と自分たちの音楽に関するスタンスがぴったりと重なると思ったというPON。
普段タイアップ曲を書き下ろす場合は3パターンほど作って提出するところ、今回は“Naru”1曲で勝負に出るほどに「これしかない」と思える楽曲に仕上がったと言います。
音楽プロデューサー・本間昭光を迎えた制作も、『Dear days』のリード曲“走って”に続き2度目。
ラックライフが放つ音や言葉の威力、PONの本音をさらに生々しく感じられる楽曲が完成しました。
インタビューは10月30日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』12月号に掲載されます。(沖さやこ)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする