モーモールルギャバン

モーモールルギャバン

昨日はトクマルシューゴのあとに、モーモールルギャバンのインタヴュー。何もかもがあまりにも違いすぎて面白かった。
3人はステージどおり、真面目で熱くて天然でユーモア溢れるていた。

6月23日リリースとなる新作『クロなら結構です』は、『野口、久津川で爆死』とは違う角度からモーモーの魅力を実感できる名盤。 代表曲“ユキちゃん”の続編“ユキちゃんの遺伝子”や、ライヴでおなじみの“裸族”、“パンティー泥棒の唄”などはっちゃけながら、「人間てなんですか 食えるんですか 金になりますか」といった深淵なテーマに肉迫する。サウンド的なクオリティもぐっとあがっている。

神学部で聖歌隊に参加していたというゲイリー・ビッチェ(ドラム&ヴォーカル、写真右)は、いかにしてパンティ・コールをするに至ったのか? など、がっつり聞いた。(井上)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする