日本の音楽市場規模 今年は世界第1位になる見込み

日本の音楽市場規模 今年は世界第1位になる見込み

日経の記事から。今年上期の日本のCD+配信の売上高は約1570億円の見込みで、これはアメリカを8%ほど上回る数字。
年間を通して日本がアメリカを抜くとなると、これは史上初。

市場規模の縮小は世界的傾向ながら、
アメリカは単価の安い配信へのシフトが速いため、ついに日米が逆転する形に。
全体に対するCD比率は、アメリカがすでに40%まで下がっているのに対し、
日本は今なお76%と高い。
CD全体が前年比で8%減という環境の中、シングルは逆に10%増加している。

写真は、今年もっとも売れたシングルになりそうな
AKB48の「Everyday,カチューシャ」(通常盤Aタイプ)。
発売1週間で133万枚のセールス。第3回総選挙投票券つきでした。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする