リアム・ギャラガー、ノエルへの口撃をやめるつもりはない

リアム・ギャラガー、ノエルへの口撃をやめるつもりはない

★今年になってからさらに激化し、
各所でも賛否両論を呼んでいるリアム・ギャラガーさんの「兄ノエルへのメディア上+Twitter上の口撃」ですが、

つい最近の英デイリー・テレグラフ紙での発言によると、
「ノエルがオアシスを解散させた時のやり方に今もムカついているので、今後もノエルへの口撃をやめるつもりは一切ない」と明言している。

以下が、その最新発言の抜粋。

「俺は今でもあの件(ノエルがオアシスを脱退した時のやり方)についてはムカついてるもんでね。
全ての問題を解決した奴みたいに落ち着いて悦に入ってるような人間にはなれないんだ、例えば最近のノエルみたいにさ。
俺にはこれからもやらなきゃならない大仕事(ノエルに対して言いたいこと)が沢山残ってるから。

俺はノエルに突っ込みを入れるのが好きなんだよ。あいつをまだ許す気にはなれない。手錠を外してやるつもりはないね。
断っとくけど、俺はべつにノエルを憎悪してるわけじゃないぜ。
ノエルは俺が黙って、あいつの好きなようにやらせるのを望んでるんだよ。でもそう簡単にはいかないってことさ。

(俺が音楽界から離れていた)過去4年はノエルも気楽だったと思うけどさ。
こうして俺が表舞台に戻った今は、晴れてあいつの音楽界復帰をファッキン困難にしてやろうと思ってるんだ」。
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事

最新ブログ

フォローする