ローリング・ストーン誌など米メディアが選ぶ2020年前半のベストアルバム50枚

ローリング・ストーン誌など米メディアが選ぶ2020年前半のベストアルバム50枚

6月も間もなく終わり。世界中の人達が家で過ごしたと言える、失われた2020年前半だが、そんな中でも強烈なアルバムは発表されている。以下アメリカのメディアが発表した2020年前半のベストアルバム。

ビルボード誌、エスクァイア誌、Vultureなども発表しているのだが、順位がついていなかったので省略する。特筆すべきはやはりフィオナ・アップルの『フェッチ・ザ・ボルト・カッターズ』のぶっちぎりの高評価だろう。

1)ローリング・ストーン
https://www.rollingstone.com/music/music-lists/50-best-albums-2020-so-far-1012026/

1. Fiona Apple『Fetch the Bolt Cutters』


2. Halsey『Manic』


3. Selena Gomez『Rare』


4. Lil Uzi Vert『Eternal Atake』


5. Run the Jewels『RTJ4』


6. Dup Lipa『Future Nostalgia』


7. Bob Dylan『Rough and Rowdy Ways』


8. Bad Bunny『YHLQMDLG』


9. Lady Gaga『Chromatica』


10. Waxahatchee『St. Cloud』


11. Future『High Off Life』
12. Mac Miller『Circles』
13. Perfume Genius『Set My Heart on Fire Immediately』
14. Jason Isbell and the 400 Unit『Reunions』
15. Moodymann『Taken Away』
16. Tame Impala『The Slow Rush』
17. 070 Shake『Modus Viviendi』
18. Nine Inch Nails『Ghosts VI: Locusts』
19. Megan Thee Stallion『Suga』
20. Moses Sumney『græ』

21. Beach Bunny『Honeymoon』
22. BTS『Map of the Soul: 7』
23. Green Day『Father of All...』
24. Secret Sisters『Saturn Return』
25. Stephen Malkmus『Traditional Techniques』
26. The Strokes『The New Abnormal』
27. Sam Hunt『Southside』
28. Lido Pimienta『Miss Colombia』
29. Soccer Mommy『Color Theory』
30. Rina Sawayama『Sawayama』

31. Pearl Jam『Gigaton』
32. Kesha『High Road』
33. Ashley McBryde『Never Will』
34. Hayley WIlliams『Petals for Armor』
35. Grimes『Miss Anthropocene』
36. EOB『Earth』
37. Rolling Blackouts Coastal Forever『Sideways to New Italy』
38. Code Orange『Underneath』
39. Thundercat『It Is What It Is』
40. Lucinda Williams『Good Souls Better Angels』

41. Car Seat Headrest『Making a Door Less Open』
42. Charli XCX『How I'm Feeling Now』
43. Frances Quinlan『Likewise』
44. Chloe x Halle『Ungodly Hour』
45. Neil Young『Homegrown』
46. Caribou『Suddenly』
47. Steve Earle and the Dukes『Ghosts of West Virginia』
48. Jehnny Beth『To Love Is To Live』
49. Tony Allen and Hugh Masakella『Rejoice』
50. X『Alphabetland』

2) Stereogum
https://www.stereogum.com/featured/best-albums-2020-midyear-list/

1. Fiona Apple『Fetch The Bolt Cutters』
2. Waxahatchee『Saint Cloud』
3. Perfume Genius『Set My Heart Of Fire Immediately』
4. Run The Jewels『RTJ4』
5. The 1975『Notes On A Conditional Form』
6. Soccer Mommy『color theory』
7. Sorry『925』
8. Charlie XCX『how i'm feeling now』
9. Yves Tumor『Heaven To A Tortured Mind』
10. Ka『Descendants Of Cain』

11. Jason Isbell & The 400 Unit『Reunions』
12. Dua Lipa『Future Nostalgia』
13. Porridge Radio『Every Bad』
14. Jeff Rosenstock『NO DREAM』
15. Thundercat『It Is What It Is』
16. Rolling Blackouts Coastal Fever『Sideways To New Italy』
17. Caribou『Suddenly』
18. Higher Power『27 Miles Underwater』
19. Laura Marling『Song For Our Daughter』
20. Sada Baby『Skuba Sada 2』

21. Acra『KicK i』
22. Bob Dylan『Rough and Rowdy Ways』
23. Westerman『Your Hero Is Not Dead』
24. Moses Sumney『græ』
25. Against All Logic『2017-2019』
26. Freddi Gibbs & The Alchemist『Alfredo』
27. Andy Shauf『The Neon Skyline』
28. Braids『Shadow Offering』
29. Empty Country『Empty Country』
30. Car Seat Headrest『Making A Door Less Open』

31. Bodly James『The Price Of Tea In China』
32. Grimes『Miss Anthropocene』
33. Sam Hunt『Southside』
34. Tame Impala『The Slow Rush』
35. Envy『The Fallen Crimson』
36. Frances Quinlan『Likewise』
37. Nation of Language『Introduction, Presence』
38. Jay Electronic『A Written Testimony』
39. Peel Dream Magazine『Agitprop Alterna』
40. Code Orange『Underneath』

41. I Break Horses『Warnings』
42. Destroyer『Have We Met』
43. Moodymann『Taken Away』
44. Ashley McBryde『Never Will』
45. Amnesia Scanner『Tearless』
46. Cubby and the Gang『Speed Kills』
47. Lil Uzi Vert『Eternal Atake』
48. Yaeji『WHAT WE DREW』
49. Kehlani『It Was Good Until It Wasn't』
50. Frail Hands『parted/departed/apart』

3) Paste
https://www.pastemagazine.com/music/best-albums/best-albums-2020-so-far/

1. Fiona Apple『Fetch the Bolt Cutters』
2. Waxahatchee『Saint Cloud』
3. Perfume Genius『Set My Heart Of Fire Immediately』
4. Porridge Radio『Every Bad』
5. Moses Sumney『græ』
6. Jason Isbell & The 400 Unit『Reunions』
7. Run The Jewels『RTJ4』
8. Soccer Mommy『color theory』
9. Bonny Light Horseman『Bonny Light Horseman』
10. Caribou『Suddenly』

11. U.S. Girls『Heavy Light』
12. Yves Tumor『Heaven To a Tortured Mind』
13. Laura Marling『Song For Our Daughter』
14. Lucinda Williams『Good Souls Better Angels』
15. Thundercat『It Is What It Is』
16. Lilly Hiatt『Walking Proof』
17. Rina Sawayama『SAWAYAMA』
18. TORRES『Silver Tongue』
19. Chubby and the Gang『Speed Kills』
20. Charlie XCX『how i'm feeling now』

21. Deeper『Auto-Pain』
22. Hailey Whitters『The Dream』
23. Frances Quinlan『Likewise』
24. Nation of Language『Introduction, Presence』
25. The Strokes『New Abnormal』

その他ビルボード誌
https://www.billboard.com/articles/news/list/9393973/best-albums-of-2020-so-far

エスクァイア誌
https://www.esquire.com/uk/culture/a30427570/best-albums-2020/

Vulture
https://www.vulture.com/article/the-best-albums-of-2020.html

またイギリスメディアも含めた各メディアのレビューの平均点を出して順位を発表しているAOTYというサイトがある。そのサイトが出した現時点での順位。
https://www.albumoftheyear.org/ratings/6-highest-rated/2020/1

1. Fiona Apple『Fetch the Bolt Cutters』
2. Run The Jewels『RTJ4』
3. Bob Dylan『Rough and Rowdy Ways』
4. Perfume Genius『Set My Heart Of Fire Immediately』
5. The Soft Pink Truth『Shall We Go On Sinning So That Grace May Increase?』
6. Laura Marling『Song For Our Daughter』
7. Freddi Gibbs & The Alchemist『Alfredo』
8. Phoebe Bridgers『Punisher』
9. Paradise Lost『Obsidian』
10. Moses Sumney『græ』

11. Dua Lipa『Future Nostalgia』
12. Porridge Radio『Every Bad』
13. Jadakiss『Ignatius』
14. Nicolas Jaar『Cenizas』
15. Waxahatchee『Saint Cloud』
16. Code Orange『Underneath』
17. Neil Young『Homegrown』
18. J Hus『Big Conspiracy』
19. Christian Lee Huston『Beginners』
20. Rina Sawayama『SAWAYAMA』

21. Yves Tumor『Heaven To A Tortured Mind』
22. Boniface『Boniface』
23. Lanterns On The Lake『Spook The Herd』
24. Ben Watt『Storm Damage』
25. Caribou『Suddenly』

フィオナ・アップルが1位である以外は、それぞれのリストの順位は割と違う。ただ、こうやっていくつか見ると、繰り返し出て来るアーティストがいるのが分かると思う。チェックし忘れていて、気になるアーティストがいたらぜひ聴いてみて欲しい。
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする