ビョークが観客を入れたコンサートを3回開催することに。全てストリーミング配信予定

ビョークが観客を入れたコンサートを3回開催することに。全てストリーミング配信予定 - pic by Santiago Felipe, 2019 Courtesy of One Little Indian/The Shed "Cornucopia"pic by Santiago Felipe, 2019 Courtesy of One Little Indian/The Shed "Cornucopia"

なんと素晴らしいニュース。ビョークが、観客を入れたライブをアイスランドのレイキャビクで3回行なうことになった。8月9、15、23日で、オーケストラなどと共演の"アンプラグド"ライブとなる。全公演はストリーミングにて配信されるので、つまりアイスランドに住んでいない我々も観られる!

これは、Black Lives Matterとコロナで最も被害を受けた人達をサポートするため、また女性のシェルターのチャリティを目的として行なわれる。
https://www.kvennaathvarf.is/styrkja-kvennaathvarfid/?lang=en

インスタグラムで発表している。


アメリカでは、以前レポートした通りドライブインコンサートや、ソーシャルディスタンスを守って観客をキャパ20%まで落としたライブが行なわれたことはあるが、普通に観客を入れたライブは当分行なわれることはないと思う。

ロックダウン解除後初のコンサートが開催! ヤンキーススタジアムはドライブインシアターやコンサート会場に。フェスに行けるマスクも開発中
アメリカは50州全てにおいて、外出禁止が何らかの形で解除され始めた。それに合わせて、コンサート再開の可能性が検討されている。NYタイムズなどでも紹介されていた通り、本格的にライブやフェスが行なわれるのは来年秋以降だろうと言われているのだが、いまも安全な方法でコンサートができないかと試行錯誤…
ロックダウン解除後初のコンサートが開催! ヤンキーススタジアムはドライブインシアターやコンサート会場に。フェスに行けるマスクも開発中

最近も、アメリカでも最大のフェスと言えるフェスが2つキャンセルされたばかり。ひとつは、9月に延期されたボナルー・フェスで、「アーティスト、ファン、関係者、コミュニティの安全と健康のために必要な現実」と今年はキャンセル。また8月に開催予定だったサンフランシスコのフェス、アウトサイド・ランズ・フェスも今年はキャンセルとなった。

そんな中、今回アイスランドでこれが可能となったのは、アイスランドのコロナが収束したためだ。元々人口が36万人と少ないとは言え、この2ヶ月間の新患者は最高でも1日に3人。合計でも患者数が1830人、回復した人が1811人。亡くなった方が10人だ。

ビョークのライブは、アイスランドで毎年行なわれているフェスIceland Airwavesの一貫で行なわれる。


ビョークのコメントは以下の通り。

親愛なるみな様へ

私のコンサートへ招待したいと思います。これはコロナ禍で最も被害を受けた人達、そしてBlack Lives Matterムーブメントへ敬意を表するために行うものです。

また、これまでの何年もの間に、何人ものアイスランドのミュージシャンと共演してきたことに敬意を表するためでもあります。

『ホモジェニック』では、The Icelandic String Octet、『メダラ』では、Schola Cantorum (Icelandic Mixed Choir)、『ヴォルタ』では、私がアイスランド中で捜して見つけた10人のブラスバンドの女の子達。彼女達はのちにWonderbrassを結成。

『バイオフィリア』では、ラングホルトの教会の女性合唱団Graduale Nobili、『ヴァルニキュラ』では、15人編成のストリングアンサンブル、『ユートピア』では、12人の女性のフルート奏者。のちに七重奏のViibraを結成。ライブ・シリーズ『Cornucopia』では、Þorgerður Ingólfsdóttirの指揮によるHamrahlíðの合唱団。

しかも、それぞれのアルバムを、彼らと一緒に世界中で演奏しました。合わせると全員で100人以上もの人達とです!!

今回私達はその全員が一緒に健康でこの自己隔離を終えることができたことを、Harpaというミュージックホールで8月の週末に3回コンサートを行なって祝福したいと思います。

私なりのフェミニズムの闘い方は、このアレンジをほとんど全部私がやったと自慢することです。というのも、女性がアレンジをした時は、いつだって無視されてしまうことが多いからです。

コンサートは午後に行なわれ、オンラインでライブストリーミングされます。そこでは、アイスランドの女性のためのシェルターへの寄付ができます。

また会場に実際に来る人達は、コンサートの後にチャリティのための食事も用意されています。

コンサートは「アンプラグド」で行なわれ、ビートやエレクトロニクスなしでのパフォーマンスとなります。アイスランド交響楽団とゲストが一緒に演奏します。

私は今類い稀なる時をみんなで経験していると思っています。ものすごく恐ろしいけど、でも真の変化をもたらすチャンスでもあります。

そして私達が本当に人種差別と向き合うことが要求されています。利益よりも、人間の命のほうが大事だということを、私達は学ばねばなりません。そして自分の内面を見て、私達の隠れた偏見や特権を徹底的に洗い出すことが要求されています。

みんなで謙虚になって学びましょう。

そして変貌しよう。

莫大な愛を込めて、ビョーク


ちなみに『Cornucopia』はNYで去年初上映されたライブ。以前それについてレポートした。

ビョークの超ハイテク「フェミニストおとぎ話」「SFポップコンサート」をNY新観光名所で観た! 新MVも公開。
ビョークが、NYに最近できたハドソンヤーズという新観光名所の中のThe Shedというアートベニューで、こけら落しイベントの中でも最も期待されていた『Cornucopia』を披露した。そのプレビューとなった初日5月6日に観て来た! このパフォーマンスは、『ユートピア』での曲や思想を中…
ビョークの超ハイテク「フェミニストおとぎ話」「SFポップコンサート」をNY新観光名所で観た! 新MVも公開。 - Photos: Santiago Felipe, 2019. Courtesy One Little Indian/The Shed.

またIceland Airwavesの発表によると、このライブは3日間、それぞれ違うセットリストで演奏されるということ。

最近のビョークの活動は、まずアルカの作品に参加。


また過去の作品のすべてにBandcampでアクセスできるようになっていて、すでに終わってしまったが、ある期間中の利益はすべてBlack Lives Matterに寄付された。
https://bjork.bandcamp.com/

アイスランドにおけるBlack Lives Matterについて語るというインスタのストーリーをオーガナイズしたりしていた。


今回アイスランドでのライブ以外に行なわれる予定だったツアーはすべて来年に延期されている。その時のビョークのコメント。


親愛なるコンサートラバーの皆様へ。

私はアイスランドで、ウイルスにかかることもなく安全に暮らしている。だけどこの夏みんなのところへ行くことはできなくなった。

みんなも無事であることを心から願っている。

見渡してみると、コロナは私達それぞれに奇妙な意味での任務を与えたように思う。ある人には動かないことを、またある人には自分がよりしっかりすることを、ある人にはより家族を大事にすることを、ある人にはより料理が上手くなることを、ある人にはより掃除が上手くなることを、そして全体としては、より公害をなくすことを、より何でも必要としないことを、より移動しないことを。

そしてインドからヒマラヤがよりはっきりと見えるのと同じくらい、私のこの夏のコンサートが1年延期となったことをお知らせする。みんな分かってくれることを願う。

生まれ変わって。

ぬくもりとともに、ビョーク


ビョークが観客を入れたコンサートを3回開催することに。全てストリーミング配信予定 - pic by Santiago Felipe, 2019 Courtesy of One Little Indian/The Shed "Cornucopia"pic by Santiago Felipe, 2019 Courtesy of One Little Indian/The Shed "Cornucopia"

8月のライブが中継されるサイトや正確な時間などはまだ発表されていないけど、楽しみに待とう!
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする