驚き! テイラー・スウィフトが11(金)午後2時(日本時間)、もう1枚アルバムを発表。『folklore』の妹アルバムで『evermore』。『folklore』のコラボレーターとハイムも参加した、こちらも注目作

驚き! テイラー・スウィフトが11(金)午後2時(日本時間)、もう1枚アルバムを発表。『folklore』の妹アルバムで『evermore』。『folklore』のコラボレーターとハイムも参加した、こちらも注目作 - pic by Beth Garrabrantpic by Beth Garrabrant

これは驚き。なんとテイラー・スウィフトが、日本時間金曜日午後2時に、『folklore』に続いてもう1枚のアルバム『evermore』を発売すると発表した。


テイラーのコメントは以下の通り。

「すごく嬉しいお知らせがあるの。私の9枚目のアルバムで、『folklore』の妹アルバムを今日の東海岸時間午前0時に発表する。タイトルは『evermore』。

分かりやすく言ってしまうと、私達は曲作りが止められなかったの。

それを詩的に表現してみると、私達は、フォークロアの森の淵に立ち、選択肢があった。振り返って元にいた場所に帰るか、または、音楽の森をさらに深く旅してみるのか。それでさらに深く彷徨ってみることを選んだというわけ。

こんなことをこれまでやったことがなかった。

これまではアルバムは1枚ごとに完結するものだと思っていたから、発表されたら前進して次のアルバムを計画するというやり方だった。だけど『folklore』についてはこれまでとは何かが違った。制作中も、旅立つというよりも、帰還しているという感じがしていた。それに想像上の、または想像上ではない物語の中への現実逃避が大好きだった。それから夢のような物語や、悲劇や壮大な愛の物語を歓迎し、自分の人生に当てはめていくそのやり方が大好きだった。だから、曲作りを続けたの。曲は、アーロン・デスナーと、ジャック・アントノフと、WB(テイラーの彼氏で俳優のジョー・アルウィン)とジャスティン・ヴァーノンと一緒に作った。それから、今回は新たに(長年の)友達にも、この音楽を作るキッチンに参加してもらった」


トラックリストがすでに発表されていて、その長年の友達というのはハイムだと分かる。


さらにアルバムの発表と同時にアルバムの1曲目の“willow”のMVも発表される。テイラーが監督しているそう。この写真でウェディング・ドレスのような服を着ているので、もしかして彼氏のジョー・アルウィンと婚約、結婚したのでは?とすでにファンが大騒ぎしている。


このアルバムに関してテイラーがさらにコメントしている。

「私は、13歳の時から、31歳になるのをすごく楽しみにしていた。それは私のラッキーナンバー(13)の逆さまの数字だから。だから今回みんなを驚かせたかったの。(※テイラーは12月13日で31歳になる)

みんなはいつも私の誕生日を大事にしてくれて、支援してくれて、思いやりがあるから、今回は、私の方からみんなに何かをあげたかった! それから、今年のホリデー・シーズンは、多くの人達にとってすごく孤独なものになると思った。だから、愛する人達に会えなくて寂しい時に、私みたいに音楽を聴く人達がいたらと思って、このアルバムはその人達のために作ったの。

『evermore』の通常盤には15曲が収録される。だけど、フィジカルのデラックス盤には、2曲のボーナストラックが収録される。“right where you left me”と“it's time to go”。デジタルDL版には、16枚の撮り下ろしでDL独占の写真が付いてくる。現在デジタルDLの予約受付中。
https://store.taylorswift.com/products/evermore-album-digital-standard-edition


ただし、ウェブサイトにいくとアメリカ以外の人はデジタルDLはできないと書いてある。ストリームで聴いて、これから発売されるデラックス盤を待つのが良いのではと思う。間違いなく大量のグッズも用意していると思う。

アルバムを作った後に、「もう1枚分くらいの曲を作ってしまった」というアーティストはよくいるけど――例えばベックが言っていたこともあるし、ビョークが言っていたこともある――、でも実際にそれをアルバムとして完成させてしまった人はあんまり見たことがない。

今年はコロナの影響で、アルバムの発売を延期したアーティストがいたはずで――例えば、ケンドリック・ラマーとか、フランク・オーシャンとか――、その中で誰かが年末に突然出すのでは?と思ってはいたけど、まさかテイラー・スウィフトがもう1枚出すとだけはまったく思っていなかった。

テイラーの『folklore』は引き続き高評価を得ていて、ローリング・ストーン誌がフィオナ・アップルをおさえて年間ベスト・アルバムの1位に選んでいたし、LAタイムス紙でも1位だった。


現時点では各メディアの平均で、なんと年間ベスト4位まできている。


また批評家の高評価ばかりではなく、アメリカのチャートでは9回にわたって1位を獲得。今年初めて売り上げが100万枚を超えたアルバムとなった。また来年発表のグラミー賞も6部門にノミネートされていて、そのうち5部門が『folklore』でのものだ。

さらに最近のエンターテイメント・ウィークリー誌の表紙。


これは『folklore』と今回の『evermore』のアートワークを手がけるBeth Garrabrantの撮影で、テイラーはステラ・マッカートニーの服を着ている。今回のジャケットのコートもステラ・マッカートニー。『folklore』と同じような森にいるけど、写真はモノクロからカラーになり、赤が使われている。このエンターテインメント・ウィークリーの表紙にすでにこの『evermore』の世界観があったのが、今見ると分かる。


参加したハイムもツイートしている。


「何が待ってるかみんなにはまだ分からない」と。
ものすごく期待を煽る内容だ。

さらにザ・ナショナルのアーロン・デスナーも。


「色々ありすぎるから、まず昼寝してから言いたいことを言う」とこれもまた思わせぶりな内容。昼寝したようで、色々とつぶやいている。
「行かなかった道が、すごくよく見える」とか、
「僕の悪意も涙もビールもキャンドルも、大丈夫に思える」とか。
後悔や悲しみを引き受ける作品ということだろうか??

ジャック・アントノフもツイート。


「あんなに風に美しく成長していくってどんな気分だろう? goldrushforever」と。“gold rush”という曲があるのでそれについて言っているのだと思う。

ファンはすでに、ジャックが『folklore』で一番好きな曲は“august”だと言っていたからつまり、このアルバムでは“gold rush”なんだろうと推測している。

これがなくても2020年は十分テイラー・スウィフトな年だったのに、本当にびっくりした!

テイラーは、MVが公開される直前にYouTube上でファンからの質問に答えると言っている。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


驚き! テイラー・スウィフトが11(金)午後2時(日本時間)、もう1枚アルバムを発表。『folklore』の妹アルバムで『evermore』。『folklore』のコラボレーターとハイムも参加した、こちらも注目作 - 『rockin'on』2021年1月号『rockin'on』2021年1月号
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする