スピッツ全アルバムレビュー 10th『三日月ロック』【『醒めない』リリース記念】

2016年7月27日(水)に15thアルバム『醒めない』をリリースするスピッツ。
RO69ではリリースを記念して、これまでの全アルバムを振り返るディスクレビュー特集を行います。
『醒めない』リリースまで、1日1作品ずつレビューを掲載します。
本日の作品は2002年発表の10th『三日月ロック』です。

スピッツ全アルバムレビュー 10th『三日月ロック』【『醒めない』リリース記念】

今回RO69で1日1本ずつUPされているスピッツ全アルバムレビュー特集を見てもおわかりの通り、それぞれのアルバムを初めて聴いた時の感情が、ライター各氏の当時の思い出と密接に寄り添って存在していることが窺える。
実際、この特集を読みながら僕自身も過去のアルバムを聴き返して、学生時代から社会人1年目にかけての蒼臭き混乱の時期を『ハチミツ』『インディゴ地平線』とともに過ごしていたリアルタイムの記憶が押し寄せてきたりもした。

しかし。スピッツにとって10作目のアルバムとなる今作『三日月ロック』を改めて聴き返して呼び起こされたのは、「当時の記憶」ではなかった。

それこそ“夜を駆ける”イントロのピアノに続けて草野マサムネ(Vo・G)の歌が鼓膜に滑り込んできた瞬間、僕の心には「大人の目を盗んで、想いを寄せる女の子と手を取り合い暗闇を走る少年時代のドキドキ感」がくっきりと浮かび上がってきたし、そのドキドキが“水色の街”では「あの子」に会いたくてうずく恋心として確かに脈打ち始める――。
「今」の脳内にクリアに広がったそんな光景は他でもない、約14年前に『三日月ロック』を初めて聴いた時に脳内を支配したイメージそのものだったのである。

もちろん、僕にそんな恋愛映画のようなロマンチックな青春時代の経験があるわけではない。さらに言えば、僕個人は8歳から15歳まで福岡に住んではいたが、漫画を描くだけが趣味のガリ勉少年だった自分には彼女など望むべくもなかったので、《天神駅の改札口で 君のよれた笑顔》(“さわって・変わって”)と言われてもリアリティなど感じられなかったはずだ。本来ならば。
しかし、“遥か”“さわって・変わって”“ハネモノ”といったシングル表題曲群のみならず“ガーベラ”“旅の途中”など『三日月ロック』の楽曲群に織り込まれたセンチメントは、紛れもない「青春の物語」を、僕らの頭と心に色鮮やかに繰り広げてみせる。
「ここではないどこか」のファンタジーを描き出したり、聴き手の思い出の力を借りてノスタルジーとしての青春性を立ち昇らせるのとは異なり、フィクションだろうがノンフィクションだろうが、確かな肌触りをもった青春の物語を「生み出す」タフな訴求力――いや、聴く者の心を終わりなき青春時代へと巻き戻してしまうだけの魔力が、今作には備わっている、ということだ。

今作から亀田誠治がプロデューサーとして参加、架空バンド「ミカンズ」のテーマソング“ミカンズのテーマ”あり、打ち込みドラムを導入した“ババロア”あり、腕白なロック感に満ちた“けもの道”あり……といった開放的な躍動感も魅力の『三日月ロック』。
だが、このアルバムでもっとも強く胸に残ったのは、たとえ聴き手の魂のゼロ地点にでも、己の才気を振り絞って青春という名の花を咲かせる、マサムネのソングライティングの揺るぎない強さだった。

余談だが、『三日月ロック』リリース当時の2002年にJAPAN編集部にいた自分は、実際に当時の編集長と一緒にメンバーの写真撮影に立ち会う機会もあったが、裏方作業に駆けずり回っていたため、アルバムの感想を伝えられなかった――いや、今にして思えばそれはあくまで建前上の理由で、ギリギリ20代だった当時の自分は、それこそ少年時代の如き蒼い感情の揺らぎを抑え難く露わにしてくる『三日月ロック』とその作者たるバンドに対して、どこか畏れと照れが入り混じったようなこんがらがった感情を抱いていたからなのだろう、と思う。
早いもので、あれからもう14年。40代になって幾分か図太くなった今なら、メンバーに面と向かってでも臆せず言える。『三日月ロック』、最高です。心がキュンキュンします。(高橋智樹)


なお、スピッツは2016年7月30日(土)発売『ROCKIN'ON JAPAN 9月号』の表紙に登場します。
お楽しみに!

公開済の作品はこちら
2016年7月20日 9th『ハヤブサ』:http://ro69.jp/blog/ro69plus/145944
2016年7月19日 8th『フェイクファー』:http://ro69.jp/blog/ro69plus/145859
2016年7月18日 7th『インディゴ地平線』:http://ro69.jp/blog/ro69plus/145808
2016年7月17日 6th『ハチミツ』:http://ro69.jp/blog/ro69plus/145806
2016年7月16日 5th『空の飛び方』:http://ro69.jp/blog/ro69plus/145804
2016年7月15日 4th『Crispy!』:http://ro69.jp/blog/ro69plus/145764
2016年7月14日 3rd『惑星のかけら』:http://ro69.jp/blog/ro69plus/145713
2016年7月13日 2nd『名前をつけてやる』:http://ro69.jp/blog/ro69plus/145667
2016年7月12日 1st『スピッツ』:http://ro69.jp/blog/ro69plus/145597
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする