世界のラブコールを浴び続けるオリヴィア・ロドリゴ、初のツアーが開幕。悲しみ、憂い、喜び、怒り、切なさ ―― すべての共感がひとつになって会場を揺らしたNY公演を完全レポート!

世界のラブコールを浴び続けるオリヴィア・ロドリゴ、初のツアーが開幕。悲しみ、憂い、喜び、怒り、切なさ ―― すべての共感がひとつになって会場を揺らしたNY公演を完全レポート! - rockin'on 2022年7月号 中面rockin'on 2022年7月号 中面

現在発売中のロッキング・オン7月号では、オリヴィア・ロドリゴのNYライブレポートを掲載しています。
以下、本記事の冒頭部分より。



文=中村明美

オリヴィア・ロドリゴの『サワー』ツアーは、今年最もチケットが取れないコンサートだ。

NYでは成功の証のラジオ・シティ・ミュージック・ホール(キャパ6000人)で4月26、27日に行ったが、チケットは即完。ダフ屋で一番安くても500ドル以上。ビリー・アイリッシュ以来で、既に彼女以上だった。「アリーナにするべき」とも言われ、彼女が「段階を踏むべきだと思う」とコメントしたくらいの騒ぎだった。

2021年コロナ禍にデビュー曲“ドライバーズ・ライセンス”で記録的なヒットを飛ばし、世界的に大ブレイクしたオリヴィア。デビュー作『サワー』では、1曲だけじゃない才能を見せつけさらに人気を獲得したばかりか、批評家からも高評価で、年間ベストアルバムのベスト10内に入る実力。ツアー開始2日前に発表のグラミー賞でも、主要4部門を含む計7部門でノミネートされ、3部門で受賞の快挙を達成した。
(以下、本誌記事へ続く)



オリヴィア・ロドリゴの記事は、現在発売中の『ロッキング・オン』7月号に掲載中です。ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

世界のラブコールを浴び続けるオリヴィア・ロドリゴ、初のツアーが開幕。悲しみ、憂い、喜び、怒り、切なさ ―― すべての共感がひとつになって会場を揺らしたNY公演を完全レポート!

rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする