ビヨンセ、そしてNBA開幕

ビヨンセ、そしてNBA開幕

ヤバイ。本気すぎる。かつてMUSIC STATIONで、これほど本気で熱唱した人はいただろうか?今日の番組に登場した来日中のビヨンセのことだ。
会社から帰ってきて、真っ先に録画してた、MUSIC STATIONをチェックしたんだけど、夕飯食う前から腹一杯なるよ、こんなの観たら。最新シングルのIF I WERE A BOYを人前で初めて歌ったということなんだけど、ビヨンセらしい男性ディス・ソングというのもあって、画面からバリバリ伝わってくる彼女の気迫には、ただただすくむしかなかった。これぞエンターテイナー。圧巻。ただ、その気迫にはビビるけど、やっぱ薄化粧のビヨンセはかわいい。
あと、並ぶたびにタモリの肩に手をかけていたのは変で、笑えた。
ちなみに写真はDESTINY'S CHILDの名シングルSAY MY NAMEの12インチ。なぜなら、あまり知られてないけど、こちらのB面に、我が愛するNBAチーム、LAKERSのスーパースター、KOBE BRYANTがラッパーとしてフィーチャリングされたバージョンが収録されているから。開幕2連勝中のLAKERSの今シーズン優勝を悲願しながら、これからKOBEのへぼラップを聴きたいと思います。(内田亮)
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする