昨日発売のポール・マッカートニー『NEW』、聴かれましたか?

昨日発売のポール・マッカートニー『NEW』、聴かれましたか?

昨日、店頭に並んだポール・マッカートニーの最新作『NEW』。
“バック・トゥ・ザ・ビートルズ”なアルバムだと宣言しておきながら、起用されたプロデューサー陣を見ればすぐわかるとおり、極めてコンテンポラリーな仕上がりになっているこのアルバム。
しかし本誌でも書いたとおり、このアルバムの本質にあるのはポールのエヴァーグリーンなソングライティング。
なので、ハードなロック・ソングの”セイヴ・アス”、シンガロング・ソングの”クイーニー・アイ”、トラッドなフォークの”アーリー・デイズ”、ダーク・バラードの”ホザンナ”、打ち込みとサンプリングを駆使した”ルッキング・アット・ハー”など、とにかくヴァラエティに満ち溢れた作品だが、どの曲もメロディ自体はポール節が迸っていて、だから聴いていてすごく心地いい。
朝霧JAMに行くまで、車の中でずっとこれをぶっ放していたんだけど、ホントに聴き応えのある1作です。

現在制作中のロッキング・オン12月号(11月1日発売)は、このアルバムの発売、そして追加公演がアナウンスされたばかりの(
http://ro69.jp/news/detail/90501
)、実に11年ぶりとなるポール・マッカートニーの来日ツアーを記念して、ポール・マッカートニーの特大特集をフィーチャーします。
もちろん表紙巻頭で!
最新ライヴの全貌をとらえたロング・レポートと最新ロング・インタヴューを掲載しますので、楽しみにしてください!(内田亮)
rockin'on 編集部日記の最新記事

最新ブログ

フォローする