ニール・ヤング、1975年に録音された幻のアルバム「ホームグロウン」が45年の時を経てリリース。それがチャートの2位ランクインする凄さ。

ニール・ヤング、1975年に録音された幻のアルバム「ホームグロウン」が45年の時を経てリリース。それがチャートの2位ランクインする凄さ。
恋人のキャリー・スノッドグレイスとの関係の破綻がテーマとなっている楽曲が、余りに生々し過ぎるということでお蔵入りしていた作品だ。しかしだからこそどの曲もエモーショナルで、心に刺さる。
多くの人の心に届き、45年前の作品だが見事にチャートの2位にランクインした。
明日の番組で紹介する。かけたい曲ばかりで選曲に苦労している(笑)
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする