エド・シーラン武道館公演、圧巻のステージだった

エド・シーラン武道館公演、圧巻のステージだった
最初から最後まで、曲の良さとエド自身の高いポテンシャルを存分に見せつける、圧巻と言っていいステージだった。

ステージの上にはアコースティック・ギターを抱えた男が一人いるだけなのに、満員の観客はずっと歌って手を上げて踊り続けている。
こんなのは観たことない。
ペダル・ルーパーを駆使しながらその場でエドが組み上げる、強靭なグルーヴのせいだ。
ターンテーブルの代わりにアコギを使ってブレイクビーツを組む、まるでヒップホップだ。
だからエドのラップにも必然性があって、自然だ。

これだけのグルーヴを巻き起こしながらも、やはり歌自体はシンガーソングライターらしい美しさと抒情性に溢れていて、言い方は悪いけどすごく得した気分になる。

まさしく今の、最新の、時代を体現するポップシンガーだと再確認した。
素晴らしい。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする