ボン・イヴェールをZepp東京で観た

ボン・イヴェールをZepp東京で観た
アメリカのシーンではこの数年の間あらゆるジャンルで、フォークやゴスペルなどの「非ビートルズ」なメロディーが息を吹き返すように甦っている。
ボン・イヴェールの登場はその契機でもあったし、ボン・イヴェール自身もアルバムごとにサウンドスタイルを変化させながらそのメロディーの精神性はどんどん強まっている。
ツインドラムのオーガニックなバンド編成と、縮小バージョンながらエッジの立った最新の照明と音響マッチングが最高で、曲と歌の純度が際立っていた。
野外フェスか、アリーナでも観たい壮大なライブだった。
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする