遂に日本初上陸を果たす「Download Japan 2019」。注目すべき全10アクトの見どころを徹底解説!

遂に日本初上陸を果たす「Download Japan 2019」。注目すべき全10アクトの見どころを徹底解説!

約7万人を集める英メタル・フェス「Download Festival」の日本版として、まもなく「Download Japan 2019」が初開催される。本国・イギリスでは野外フェスという形式で3日間行われ、過去には05年に出演したTHE MAD CAPSULE MARKETS以来となる「Download Festival 2014」のメイン・ステージにCrossfaithが登場し、大きな話題を呼んだ。

個人的にはスリップノットミューズキッスがヘッドライナーを務めた「Download Festival 2015」に3日間参戦し、ドラゴンフォースのライブにBABYMETALが飛び入りした貴重な瞬間を目撃したり、また、現地のファンを熱狂させたMAN WITH A MISSIONの奮闘ぶりも忘れられない。

今回の「Download Japan 2019」は屋内という形になるけれど、あの伝説的なメタル・フェスがここ日本にやって来るというだけで興奮を抑えられない。既にタイム・テーブルも発表されており、BLOOD STAGE、TEARS STAGEの2ステージ制(※今回は対面ステージになっている)を敷き、演奏時間に被りもないので体力に自信があれば全10アクトを堪能できるのも嬉しい限り。

ただし、最終ラインナップが確定するまでにハラハラドキドキの展開が待ち受けていた。周知の通り、ヘッドライナーで出演する予定だったオジー・オズボーンが体調不良により、急遽キャンセル。オジー&ザック・ワイルド(G)のタッグ復活に狂喜し、両者の火花散るケミストリーを楽しみにしていた人も多かったはず。しかし、そのオジーの穴をジューダス・プリースト、ゴーストが埋める形で無事に開催される運びとなった。

ここでは今回の出演ランナップをタイムテーブル順に紹介しながら、各バンドの見所について解説したい。まずはニュージーランド発の気鋭4人組、ライク・ア・ストームだ。彼らはディジュリドゥ(アボリジニの楽器)を取り入れていることから、「ディジ・メタル」とも呼ばれている。音楽的にはアルター・ブリッジに通じるメロディアスなハード・ロックを掲げ、そこにスクリームやモダンなヘヴィネスを織り込んだダークかつトライバルな音色が特徴的。今回が初来日となるので、これは絶対に見逃せない。

次はスウェーデン発のエレクトロ/メタルコア・バンド、アマランス。エリーゼ・リード(Vo)嬢を含むトリプル・ボーカルを武器にしているのだが、男性シンガーに交替があり、17年にニルス・モーリン(Vo)が新加入。現6人体制でどんなライブを披露するのか、そこに注目したい。


そして、「Download Festival 2015」に続き、今回唯一の日本代表として登場するMAN WITH A MISSION。昨年11月には阪神甲子園球場にて4万5000人(!)を集める単独ワンマンを大成功に収めたオオカミたち。大舞台でさらに力を蓄えたパフォーマンスに期待したいところ。それから男勝りのパワフルな歌唱力を発揮するリジー・ヘイル(Vo)嬢擁する4人組、ヘイルストーム。過去にホワイトスネイクの“Still Of The Night”、スキッド・ロウの“Slave To The Grind”を含むカバーEPも積極的に発表。その選曲を見てもわかる通り、80'S、90'Sのハード・ロック/ヘヴィ・メタルの縦軸を継承した骨太サウンドは幅広い層のリスナーを射抜く破壊力を持っている。ライブでさらに牙を剥く歌声と演奏は必見だ。


次のページ続いてはアンスラックス、ゴースト、スレイヤー、ジューダス・プリーストらの見どころ!
rockinon.com洋楽ブログの最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする