元ジェリーフィッシュのメンバーによる新バンド、ザ・リカリッシュ・カルテットにインタビュー! バンド結成秘話とファーストアルバムについて訊いた。ロッキング・オン8月号に掲載します!

元ジェリーフィッシュのメンバーによる新バンド、ザ・リカリッシュ・カルテットにインタビュー! バンド結成秘話とファーストアルバムについて訊いた。ロッキング・オン8月号に掲載します!

一度聴いたら忘れられなくなる美メロディと甘美なハーモニー、ポップスの魅力を詰め込んだ名盤『こぼれたミルクに泣かないで』で知られるジェリーフィッシュが、ザ・リカリッシュ・カルテット(=好色四重奏)というごきげんな名前で復活した。

解散後ベックのバックなどで活躍したロジャー・マニングやノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのメンバーで来日もしているティム・スミスらによるもので、2020年から2枚のEPを発表しているが、この6月29日、日本のみでアルバム『ファブルズ・フロム・フィアレス・ハイツ』がCDとLP形式でリリースとなる。

しかもボーナストラックとしてポール・マッカートニーエルヴィス・コステロが共作した名曲“ソー・ライク・キャンディ”と、1972年にリンジー・ディ・ポールが歌い世界中で大ヒットした“シュガー・ミー”のカバー2曲が収められているのが嬉しい。

ロッキング・オン8月号では、ティムにインタビューしてこのスペシャルプロジェクトのきっかけからやジェリーフィッシュについてなど、いろいろと訊いている。

日本で体験した思い出、いかにグループ全員が日本を特別に思っているかといった嬉しい話が詰まっているので、ぜひ読んでほしい。(大鷹俊一)




ザ・リカリッシュ・カルテットのインタビューは7月7日(木)発売のロッキング・オン8月号に掲載します
rockinon.com洋楽ブログの最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする