2017年のアンセム、出ました

DAOKO『打上花火』

発売中

DAOKO 打上花火
去年で言うと“前前前世”だ、これ……という比喩はプロ失格レベルの安直さだと自分でも思うが、聴いているとどうしたってそういうようなことを書きたくなってしまう。曲がいいとか歌詞がいいとかアレンジがいいとかいう以前に……いやその総量としてなのか、ただ「いい」というだけに留まらず「なんか起きる」匂いがプンプンする、言い換えればマジックのようなものが発動してしまっている。特にサビの普遍的な名曲っぷりがヤバい。岩井俊二の傑作『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』を、大根仁脚本、新房昭之監督でアニメ化、このシングルの表題曲である主題歌は米津玄師プロデュースでDAOKOと米津が歌う──という完璧な座組だから持ち上げるのではありません。その完璧な座組を超える、聴いているとザワザワしてたまらなくなる空気が曲に満ちているから持ち上げるのです。オリジナル版の主題歌をリメイクした2曲目(意外と似てる)も、別アニメのエンディングテーマで本人が書きサカナクション江島啓一が編曲した3曲目も素晴らしいが、1曲目の輝きがとにかく際立つ。(兵庫慎司)

最新ブログ

フォローする