生き続ける声

ジョージ・マイケル『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス+MTVアンプラグド【デラックス・エディション】』

2017年10月18日発売

ジョージ・マイケル リッスン・ウィズアウト・プレジュディス+MTVアンプラグド【デラックス・エディション】
1990年の大ヒット・アルバムのリイシュー盤。ほぼ全曲の作詞作曲に加え、セルフ・プロデュースで臨んだ『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス』は、メガ・ポップ・アイコンとして生きた80年代を『フェイス』で締めくり、ジョージが新しいペルソナを生きるようにシリアスな、そして貪欲なソングライターとして音楽性を一気に拡大した作品だった。ただしそれは80年代から変わらぬ巨大セールス&一般性と、革新的な音作りが同時進行で行われたため、ナイル・ロジャースの手による猛烈ファンキーなリミックス・シングルが今回新たにリリースされた“ファンタジー”の扱いも含め、彼の覚醒の全てをフォローしきれない過渡期的傑作でもあった。こうして当時の副次的音源も総ざらいしたリイシュー盤で俯瞰することによって、改めて圧倒される作品なのだ。

ちなみにデラックス・エディションの目玉は、1996年のMTVアンプラグド音源の初公式CD化となるCD2だろう。ジョージが亡くなって1年近くが経とうとしているが、アンプラグドならではの声の物理的近さが、彼の歌が生き続けていることを強く感じさせてくれる。(粉川しの)

最新ブログ

フォローする