こんなバンドほかにいない!の到達点

ねごと『SOAK』

発売中

ねごと SOAK
2015年の「お口ポカーンフェス?!」以降追求し続けてきた自由に踊ろうよマインド。前作『ETERNALBEAT』がその精神を形にした『アシンメトリ e.p.』の方向性をさらに推し進める作品だとすれば、この『SOAK』はその方向性も本来持つ多様性もすべてを引っ括めた上で、結成から10年間、ねごとが歩み続けてきた音楽の旅がひとつの終着駅へ到達したような記念すべき作品である。バンドとしてダンスミュージックを鳴らすと言ってしまえば簡単だが、たとえばひとつの楽器を通しではなくフレーズによって別録りしたり、ライブでは同期も流したりといったロックバンドの枠から一歩踏み出すチャレンジ。そしてパワーボーカルを叫ぶ高揚感によってではなく、切なく儚くムーディなメロディとコーラス、言葉によって恍惚へ導く歌のカタルシス。そのふたつが結実した奇跡みたいなアルバムなのだ。だからタイトルの通り心の奥底まで染み渡り、ず~っと酔いしれていたいと思わされる。蛇足だがグランジ世代の書き手としては、『SOAK』ってニルヴァーナ感があるのもいいよね、と思ったりもする。(秋摩竜太郎)

最新ブログ

フォローする