ライブバンドとして宝刀を抜く!

Mr.Children『重力と呼吸』
2018年10月03日発売
ALBUM
Mr.Children 重力と呼吸
JENの「ワン、ツー!」というカウントと、桜井の「オォー!」という歌声からはじまる――Mr.Childrenのライブを観たことがある人ならイメージできる幕開けだけれど……これ、ライブじゃないよ? アルバムだよ? 彼らのアルバムはポップに構築されていて、それをライブで躍動させるという流れがあったと思う。でも今作は、アルバムそのものにライブ感があるのだ。これだけの歴史を重ねながら、自分たちのやり方に固執せず、時代を見た方向性が素晴らしい。それでいて、これまでの自分たちを活かして、シンプルな素材で上質な手触りに仕上げたあたりも流石である。青きビートパンクが豊かに響いてくる “海にて、心は裸になりたがる”は象徴的。どの楽曲も、ピアノも含め一人ひとりのプレイがはっきり聴こえて、バンドらしい面白味が感じられる。そして、やはり楽しみなのはライブ。“here comes my love”のゴージャスなギターソロ、”addiction“のスタイリッシュなグルーヴ、数多く見られるシンガロングしたくなるフレーズなど、今までとは違う角度からライブへいざなう魅力が詰まっている。(高橋美穂)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする