「音楽に限界はない」の絶対的証明

宮本浩次『Do you remember?』
発売中
SINGLE
宮本浩次 Do you remember?
ソロアーティスト・宮本浩次はやがて誇張抜きで「音楽のすべて」になっていくのでは?――という畏怖を抱かせるほどの進化の加速度を、今の宮本は鮮烈に体現している。小林武史とともに自らの歌謡サイドを壮麗なる大輪の歌へと導いた“冬の花”しかり、エッジーな肉体性に貫かれたヒップホップナンバー“解き放て、我らが新時代”しかり、エレファントカシマシの30年史を踏まえたうえで、己の可能性をダイナミックかつ冷徹に押し広げ続ける宮本の冒険精神は、僕らの想像も期待も凌駕する激走感を生み出している。横山健のギターとの共演を宮本自身が熱望したという今作の表題曲“Do you remember?”はまさにその象徴だ。TVドラマ放送時のエレカシ“Easy Go”に続き、今度はソロとして映画主題歌で再び『宮本から君へ』とタッグを組んだ“Do you remember?”。熾烈な2ビートの中、《きみが好きな歌を/まちを 空を そして明日を/いま、俺が全て引き受けよう》と音域の限界を突き破るように轟く宮本のハイノートの絶唱はそのまま、音楽が表現し得る自由と希望の極致そのものだ。最高。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする