これがNulbarichの《new way》

Nulbarich『LUCK』
発売中
DIGITAL
Nulbarich LUCK
思いっきり80sなシンセサイザーの音色と、直線的なドラムマシンのビート、リバーブのかかったアダルトなボーカリゼーション……Nulbarich久々の新曲は、めちゃくちゃ新鮮で、でも見ようによってはめちゃくちゃオーセンティックなポップチューンとなった。「新鮮」というのはNulbarich「らしさ」をリニューアルするような野心が感じられるからで、「オーセンティック」というのは音楽の文法的に非常に基本に忠実というか、ジャンル感が強いからだ。バンドであってバンドでない(JQ以外のメンバーは不定形である)というところがNulbarichのポイントで、だからこそ緩やかに変化し続ける流動性とジャンルを越境する自由さを手に入れることができた。ライブハウスにもスタジアムにも対応できる振れ幅の大きさと、「歌」としても「ダンスミュージック」としても機能するハイブリッド性がNulbarichの強みだとすれば、この曲はそこをあえて抑え、フレームをかっちり決め込んでいる印象がある。そうすることで楽曲の熟度はがぜん増した。これまでの作品のなかでも飛び抜けて純音楽的な楽曲だと思う。(小川智宏)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする