一筋縄ではいかなすぎ

おいしくるメロンパン『架空船』
発売中
DIGITAL
おいしくるメロンパン 架空船
ギターロックシーン、が、今あると言い切っていいのかどうか自信がないが、あるとして、そこにこのバンドが自然な顔でまぎれこんでいて、頭角を現している、つまり2016年のデビュー以降、ツアーの度に順調に規模拡大し続けて現在に至っている、という事実は、とても素晴らしいことだと思う。Aメロがこうで、Bメロでこう進んで、サビはこうなるの?といちいち驚かされる、カラオケ対応など微塵も考えていなさそうなメロディも、聴く人の背中を押すとかいう発想ゼロの、「歌詞で使われる単語辞典」があるとしたらそこからはみ出しっぱなしのリリックも、なんというか、かなりのもんだからだ。この音楽がこんなに支持されている、という事実には、何か、明るい気持ちにさせられる。

という状況をおいしくるメロンパンが鑑みたのかどうか知らないが、「ならばここまでやっても大丈夫でしょう」という方向に、さらに振り切れたような曲がこれ。歌詞にもメロにも曲展開にも唖然とさせられる。特に後半のアレンジ、すごい。途中でポエトリーリーディングも入っています。(兵庫慎司)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする