サディスティックな最凶セオリー

おいしくるメロンパン『theory』
発売中
MINI ALBUM
おいしくるメロンパン theory
デジタルシングル“透明造花”や“架空船”にも兆候が見られていたとおり、コロナ禍はおいしくるメロンパンの爆発的な創造性を引き出してしまった。なんでもかんでもコロナのせいにするのはよくないので別の見方をすると、彼らはロックを信じ、リスナーを一層信じるようになったのだと思う。歌う文芸作家=ナカシマの詩情を転がすための奔放なソングライティングといい、破綻寸前のスリルを描くためにこそ発揮される3人のコンビネーションといい、本作ではタガが外れたようにサディスティックな本性を剥き出しにしたロックが鳴りまくっている。繊細でチャーミングな楽曲は、彼らの一面にしか過ぎない。いいですか、おいしくるメロンパンは、危ないんですよ。加えて、レコーディングエンジニアに井上うにや釆原史明を迎えた、アバンギャルドな音の響きが素晴らしい。リリースに先駆けてMVが公開された“斜陽”は比較的人懐っこい曲調だが、とりわけ“亡き王女のための水域”がヤバい。死の匂いと引き換えに煌めくようなロマンチシズムを掴み取って歌をしたためる、ナカシマの作家性が全開だ。(小池宏和)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする