ジョセフ・ウィリアムス『デニズン・テナント』

ジョセフ・ウィリアムス『デニズン・テナント』
発売中
ALBUM
ジョセフ・ウィリアムス デニズン・テナント

TOTO再結成以来のボーカリストにしてプロデュースなどでも活躍しているジョセフ・ウィリアムスの12年半ぶりのソロ作。基本的には耳触りが良く、バランスの取れたAORが並ぶが、エレクトロ・ポップ仕立てのタイトル・ナンバーやサウンド・プロダクションに凝ったものなど、ふところの深さを余裕で披露していく。

盟友スティーヴ・ルカサー(半分近くのトラックに参加)を筆頭に腕利き揃いならではの音を聴くことができる。

聴きものは2曲のカバーで、一つはピーター・ガブリエルケイト・ブッシュとデュエットした“ドント・ギヴ・アップ”。もう一曲はビートルズの”恋におちたら”で、好きな曲をコピーしまくってた時代に戻ったような仕上がりになっていて、思い入れの深さが素直に伝わり、アルバム全体の風通しを良くしている。(大鷹俊一)



ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』7月号に掲載中です。
ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

ジョセフ・ウィリアムス デニズン・テナント - 『rockin'on』2021年7月号『rockin'on』2021年7月号

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする