かくも雄大なポップ10 年史

キーン『ザ・ベスト・オブ・キーン』
2013年11月20日発売
ALBUM
キーン ザ・ベスト・オブ・キーン
〝エヴリバディーズ・チェンジング?や〝サムウェア・オンリー・ウィー・ノウ?でいきなりシーンのど真ん中に躍り出てアルバム『ホープス・アンド・フィアーズ』は500万枚以上を売り上げ―という華々しい幕開けで始まったキーンの10年史を、シングル曲を中心とした選曲のDISC1&シングルのカップリング曲集=DISC2の2枚組にコンパイルし、さらに新曲3曲〝ハイヤー・ザン・ザ・サン?〝ウォント・ビー・ブロークン?〝ロシアン・ファーマーズ・ソング?を加えたキーン初のベスト盤。ポップの深海へと潜行した『アンダー・ザ・アイアン・シー -深海-』、バンドの危機を乗り越えて作り上げた3rd『パーフェクト・シンメトリー』……と大きく変遷を遂げてきたと思っていたキーンの音楽世界が、こうしてアルバム2枚分の楽曲に改めてふれてみると、あたかも10年かけてひとつの音世界を描き出してきたかのような、音楽の黄金律そのものを描き出しているのに驚かされる。そして、地球丸ごと透き通らせるほどの輝度まで磨き抜かれた〝ハイヤー??の雄大なサウンドスケープが、2013年の「今」を祝う福音の如く響く。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする