生み続けること、磨き続けること

Chara『JEWEL』
2013年11月13日発売
ALBUM
Chara JEWEL
既に200曲に及ぶ、オリジナルの中から珠玉の名曲たちばかりを集めたセルフ・カヴァー集。それだけでもう、お宝アイテムなのだが、「ダサいセルフ・カヴァーはやりたくない」というCharaのポリシーのもと、長年愛されてきた原曲の良さは損なわずに、mabanuaや小林祐介(THE NOVEMBERS)や韻シストらが共同プロデューサーとして加わることで、更なる進化と刺激を加えた仕上がりになっている。Charaと名越由貴夫と今は亡き吉村秀樹の3人で作った大ヒット曲“タイムマシーン”は今回、bloodthirthy butchersのメンバーによる演奏で、当時より更にエモーショナルに生まれ変わった。かつてアルバム『Junior Sweet』のジャケで繋いでいた愛しい手はもう離れてしまったが、今回のアーティスト写真では両側から彼女の息子と娘の手が耳に触れている。ラストの“世界”ではHimi名義で息子がドラムを叩いていたりして、Charaが音楽家として、そしてひとりの女性として生み出し、磨き続けてきた全ての結晶のような作品になっている。どの曲も、「あの頃」より、更なる愛の強さを帯びていて素敵だ。(上野三樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする