UVERworldについて、自分自身について……TAKUYA∞、思いのすべてを語った「続・2万字インタビュー」

UVERworldについて、自分自身について……TAKUYA∞、思いのすべてを語った「続・2万字インタビュー」
UVERworldについて、自分自身について……TAKUYA∞、思いのすべてを語った「続・2万字インタビュー」


去年も、まあそこそこに頑張ってたんですけど「そこそこ」だと、年末に嬉し泣きとかできないんですよね。わ、こんなん俺じゃないと思って。まあ、それで1月2日からずっと曲作りをやってるんですけど。だから、このストイックな生き方をしてないと、バランスが取れないんです。俺「マジで一番獲ったる!」ってまだ言ってるわけでしょ、性懲りもなく。ならば、少なくともそれが叶わへんかったとしても納得の人生ではいたいなと思うと、何ひとつ今やってることを疎かにできひんっていうか


始めた当初は、とにかく認められたいとか、そういう反骨精神ばっかりで生きてきたと思う。ここ数年で、いろんな人に認められて、好きって直接伝えられるようになってきて。そういう反骨精神の代わりに、もっと輪を広げたいと思ったし、もっとこの人たちに好きになってほしいっていう気持ちが、UVERworldを頑張るっていうところにつながっているような気がしてて。これが唯一自分がみんなに誇れる、みんなが自分を愛してくれる能力なのかなと思うと、もうこれを伸ばすしかないなと。みんなにもっと深く愛してもらうっていう、頑張りの矛先とベクトルが変わってきた気がします


どんだけ若気の至りに至られとんねんっていうような、ロックバンドってそんなんであってほしいなって。もう至られ倒してるようなローリング・ストーンズをかっこいいと思いますもん


今年も1月1日から、今16日やから、1日も欠かさずもう160キロ走ってますし。とにかくこの不自由な生活をすることで、深さが出て自分の言葉の重みが増すようにしていこうと思って。何か変わってきたっていうよりも、何も変えないっていうのがいちばんの自分のテーマかもしれないですね。だから僕、UVERworldやってる以上は、もう一生走ったろと思ってます


まだまだ足りんすわ、やっぱり。まっだまだUVERworldに可能性感じてるし。とにかくUVERworldしかないし、UVERworldをやりきりたいっていう、それに尽きるんです。完全にやりきった時に、自分の目標に辿り着けてなかったとしても納得できるような、これ以上なかったわって言うてられることがいちばん幸せかなと思って。自分の幸せのためにやってます


UVERworldについて、自分自身について……TAKUYA∞、思いのすべてを語った「続・2万字インタビュー」
UNISON SQUARE GARDEN
満を持しての表紙巻頭初登場!
美学を極め、ロックの「最高水準」を更新してみせる名盤『MODE MOOD MODE』はいかにして生まれたのか?
メンバー個別アルバムインタビューと、田淵智也が初めて半生を語る2万字インタビュー・前編の2本立てで彼らの世界をひもとく!

●別冊 カウントダウン・ジャパン 17/18
全アクトのライブレポート&セットリスト完全網羅!
18万8千人が目撃した究極の4日間、そのすべてを一冊まるごと完全掲載

ONE OK ROCK
4人を追ってロンドンへ! 「AMBITIONS」ヨーロッパツアーの核心に、独占の超ロングルポで迫る!

米津玄師
ポップシーンの新たな未来を描き出した「Fogbound」ツアー最終日、日本武道館公演を完全レポート!

UVERworld
6ヶ月連続ソロ連載・最終回。TAKUYA∞続・2万字インタビュー。バンドの現在地、そしてメンバーとの絆を大いに語る

KEYTALK
最新アルバム『Rainbow』連続企画第1弾! 進化に進化を重ねた4人が新作に込めた思いとは?

yonige・牛丸ありさ 2万字インタビュー
生い立ち、大阪・寝屋川に思うこと、恋と愛、そして歌に救われてきた時間――23年間の半生、そのすべてを明かした初の2万字インタビュー

SCANDAL
等身大で最強の最新アルバム『HONEY』に込めた4人の「10年」を語る

Mrs. GREEN APPLE
自分たちを見つめ直し、エンターテイナーとしての大きな一歩を踏み出した新作『Love me, Love you』に迫る

さユり
彼女はなぜ歌い続けるのか? 「選択」の末に彼女がたどりついた新曲、“月と花束”の真相を明かす

Nothing's Carved In Stone
NAMBA69
KEMURI
SAKANAMON
パノラマパナマタウン
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする