Mrs. GREEN APPLE 真のエンターテインメントを求め、さらに進化を遂げた1曲――ニューシングル『Love me, Love you』を語る

Mrs. GREEN APPLE 真のエンターテインメントを求め、さらに進化を遂げた1曲――ニューシングル『Love me, Love you』を語る

もともとやりたいこととか、目指したいものはやっぱりショービジネスというか、きらびやかな世界なんですよね。ステージに立って、ステージマンとしてエンターテインメントするということ。ずっとミッキーマウスとかマイケル・ジャクソンに憧れてたんですよ。だったらもっとやり方があるし、このタイミングで一回そういう曲を書こうと思ったんですよね(大森元貴/Vo・G)


だいぶ壁にはぶち当たりましたけど、演奏隊は4人ともエンターテインメントというテーマを噛み砕きもしましたし。みんなで同じ映画を観たり、演奏を聴いたりして、一緒に乗り越えた感じがありました(若井滉斗/G)


“WanteD! WanteD!”とか“WHOO WHOO WHOO”っていう流れからの、ここまでのアナログ感のある曲ができたのはすごく新鮮な気持ちで。もっと多彩な音楽的な表現力が必要だなと感じていたなかで、それがまさに発揮された曲だと思う(髙野清宗/B)


元貴が「今までミセスの何を見てきたんですか?」って言葉をお客さんに向けて言った時にすごく嬉しくて。“サママ・フェスティバル!”みたいな楽曲もあれば、“In the Morning”という楽曲もあったりとか、音楽表現の幅を提示してきてたので。だから、“WanteD! WanteD!”をリリースすることによって自分たちのカラーが死んでしまうわけではないと思ってたし。というのもあって、このタイミングで“Love me, Love you”をリリースするのは楽しみで仕方がないんですよね(藤澤涼架/Key)


最初に“Love me, Love you”が送られてきた時は、新しい表現ができるんだという喜びが大きかったですね。今までバンドサウンドだったり、打ち込みがあったりしたけど、さらに新しい表現だったし、自分も演奏者として触れてこなかったところだから(山中綾華/Dr)


Mrs. GREEN APPLE 真のエンターテインメントを求め、さらに進化を遂げた1曲――ニューシングル『Love me, Love you』を語る
UNISON SQUARE GARDEN
満を持しての表紙巻頭初登場!
美学を極め、ロックの「最高水準」を更新してみせる名盤『MODE MOOD MODE』はいかにして生まれたのか?
メンバー個別アルバムインタビューと、田淵智也が初めて半生を語る2万字インタビュー・前編の2本立てで彼らの世界をひもとく!

●別冊 カウントダウン・ジャパン 17/18
全アクトのライブレポート&セットリスト完全網羅!
18万8千人が目撃した究極の4日間、そのすべてを一冊まるごと完全掲載

ONE OK ROCK
4人を追ってロンドンへ! 「AMBITIONS」ヨーロッパツアーの核心に、独占の超ロングルポで迫る!

米津玄師
ポップシーンの新たな未来を描き出した「Fogbound」ツアー最終日、日本武道館公演を完全レポート!

UVERworld
6ヶ月連続ソロ連載・最終回。TAKUYA∞続・2万字インタビュー。バンドの現在地、そしてメンバーとの絆を大いに語る

KEYTALK
最新アルバム『Rainbow』連続企画第1弾! 進化に進化を重ねた4人が新作に込めた思いとは?

yonige・牛丸ありさ 2万字インタビュー
生い立ち、大阪・寝屋川に思うこと、恋と愛、そして歌に救われてきた時間――23年間の半生、そのすべてを明かした初の2万字インタビュー

SCANDAL
等身大で最強の最新アルバム『HONEY』に込めた4人の「10年」を語る

Mrs. GREEN APPLE
自分たちを見つめ直し、エンターテイナーとしての大きな一歩を踏み出した新作『Love me, Love you』に迫る

さユり
彼女はなぜ歌い続けるのか? 「選択」の末に彼女がたどりついた新曲、“月と花束”の真相を明かす

Nothing's Carved In Stone
NAMBA69
KEMURI
SAKANAMON
パノラマパナマタウン
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする