chay×Crystal Kay、大人の魅力が溢れるコラボ曲“あなたの知らない私たち”をふたりが語り合う

chay×Crystal Kay、大人の魅力が溢れるコラボ曲“あなたの知らない私たち”をふたりが語り合う

Crystal Kayさんの歌い方から今までの努力とかが垣間見られて……毎回毎回、刺激になりました(chay)

――“あなたの知らない私たち”はこれまでのchayさんのイメージとは打って変わった楽曲だと思いました。TVドラマ『あなたには渡さない』のタイアップのオファーがchayさんに届いてから、楽曲の書き下ろしが始まったんですか?

chay そうです。『あなたには渡さない』というドラマの世界観が私がこれまで書いてきた、歌ってきた曲とは真逆の、かなりドロドロとした大人の内容なので、主題歌を担当するにあたっていろんな人の力をお借りしながらドラマをバックアップできる楽曲を作ることにしました。ドラマの製作サイドの方から「どなたかと一緒に歌ってみるのはどうですか?」という提案があって、Crystal Kayさんにお声掛けしました。

――なぜCrystal Kayさんだったのでしょう?

chay Crystal Kayさんは以前から私も大好きで、憧れのアーティストですし、以前フェスでお会いしたり、ライブや歌番組でご一緒する機会があって面識もあったので、ぜひいつかCrystal Kayさんとなにか一緒にできないかな……とはずっと漠然と思っていたんです。というのもあってこれを機会にダメモトで頼んでみたら受けてくださったんです。

Crystal Kay もちろん! すごくうれしかったです。でも番組やフェスで会うことはあっても、それほど接点が多いわけでもなかったので、話をもらった時はびっくりしましたね。(chayのことは)普通にTVで観ていて「うまいな~」って思ってたから(笑)、彼女から声を掛けてもらえてすごくうれしかったんです。わたしの周りのみんなも「うんうん、いいんじゃない?」って賛成してくれましたね。

――女性シンガー同士のコラボレーションは海外ではポピュラーですが、日本ではちょっと珍しいですよね。加えて音楽性も異なる女性アーティスト同士のコラボレーションというところも面白い。

chay この前Crystal Kayさんとも「女性同士でここまで掛け合いが多くて、ちょっとドロドロしたタイプの曲を歌うことはあんまりないよね」と話していたんです。

Crystal Kay 音楽的にも違うふたりが一緒にやることは、世間的にも意外だと思う。彼女はすごくチャーミングなビジュアルを持っていて、弾き語りでしっかり歌を届けている。このふたつを両立させている人はあまり見たことがないなって。音楽的にはちょっと懐かしい歌謡曲スタイルだと思うので、そういう曲をこういう可愛い子が歌っているのは見ていて気持ちがいいし、すごくフレッシュな気分になりますね。

chay うーん、うれしい!(笑)。わたしはずっと大好きで聴いていたけれど、いざレコーディングをしたりミュージックビデオやジャケ写の撮影をご一緒してみて、Crystal Kayさんの歌い方とかから今までの努力とかが垣間見られて……毎回毎回刺激になりました。語尾の言葉の抜け方とか、声の張り方とか、わたしにはできないようなテクニックをお持ちなので――。

Crystal Kay できるできる!(笑)。

chay (笑)。聴くたびに感動していました。「こういうレコーディングや、こういうTDをなさるんだ」という発見ばかりですごく楽しかったです。Crystal Kayさんのやり方一つひとつが魅力的でした。

相手がいるといい刺激になります。お互い違うキャラクターを出して、それぞれを活かしたほうが面白いだろうなと思って歌っていきました(Crystal Kay)


――レコーディングも同じタイミングでなさったんですね。

chay はい。同じタイミングにスタジオに集まって、それぞれが録る前にふたりで同時に歌ってみたんです。そういう経験は今までわたしはなかったんですけど、Crystal Kayさんはよくフィーチャリングしてるから、そういうことも多かったんですか?

Crystal Kay フィーチャリングでもレコーディングのタイミングが別々なことはけっこう多くて……だから練習とはいえ一緒にブースに入って歌うのはけっこうドキッとしますよね(笑)。相手がいるといい刺激になります。“あなたの知らない私たち”は掛け合いが多いので、お互い違うキャラクターを出して、それぞれを活かしたほうが面白いだろうなと思って歌っていきました。

――それは話し合いのうえで決めたこと?

chay お互いがどう歌おうかという話し合いは特にしなかったんですよ。それが良かったと思っているんです。Crystal Kayさんは悪女感をイメージして歌ってくださったらしくて、わたしは一筋縄ではいかないような女性をイメージして歌っていたから、タイプの違う女性同士の愛憎劇や混沌とした感じがボーカルでも作れたかなって。

――その関係性はドラマの主人公と、その主人公の夫の愛人役というメインキャストともリンクしますね。

Crystal Kay たぶんわたしは愛人役だね(笑)。

chay あはは! ドラマの主題歌は視聴者さんにとっても大事だし、ドラマをバックアップする楽曲にしたいとは思っていたんですけど、ドラマの世界観が濃いぶん、作家さんたちがどんな主題歌を作ってくださるのかまったく想像がつかなかったので、ドキドキワクワクハラハラしていたんです(笑)。でも楽曲を聴いた瞬間にほっとしました。ドラマにぴったりなものをいただけましたね。

――chayさんもCrystal Kayさんも作詞作曲をなさいますよね。自分以外の人が作る曲を歌うのは刺激も多いのではないかと思います。

chay 自分以外の人が作ってくださった曲を歌うと発見がたくさんありますね。いい意味で「わたしだったらこのコードの次にこのコードは持ってこないな」「この言葉はわたしから出てこないな」と思うこともよくあって。“あなたの知らない私たち”は素晴らしい作家さんのおかげで新しい音楽の扉を開くことができましたし、視野を広げてもらえるいいきっかけになりました。

Crystal Kay “あなたの知らない私たち”はふだんの自分のスタイルじゃないのに歌いたくなる。それっていい曲ということだと思うんですよね。「もう少しメロディこうしたほうがいいんじゃない?」「この歌詞どうなのかな?」と思うこともなかった。1回聴いただけで歌えるくらいキャッチーだし、今の時代に90年代っぽいこの感じを出してくるところもいいですよね。

chay 松任谷由実さんの“真夏の夜の夢”みたいなね。

Crystal Kay そうそう。歌詞もすごくキャッチー。尖ってて勢いがある。1番のAメロの《欲しいものさえ諦めちゃ 人生楽しめないでしょ》というところとか、すごく好きですね。30になって人生一度きりだし……と思うことが増えて、この歌詞は本当にそうだなと思うので、にやけながら歌ってます(笑)。マイナーキーだからダークに聴こえるかもしれないけれど、女性の応援歌だと思います。

次のページ心のなかにあったもやもやを言葉にしてくれたような歌詞だったので、大人の女性をイメージしながら演じて歌いつつも、スカッとしました(chay)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする