困難を乗り越えて磨き上げたKen Yokoyama節が輝く『4Wheels 9Lives』を語る、バンドメンバー全員インタビュー

困難を乗り越えて磨き上げたKen Yokoyama節が輝く『4Wheels 9Lives』を語る、バンドメンバー全員インタビュー


時間がすごくあったから、楽曲自体を練れたし、チョイスできた。あとは、ドラマーが変わったことが大きいです(横山)

――前回のミニアルバム『Bored? Yeah, Me Too』は、すげえかっこいい作品で。さらに、その時のインタビューで『Bored?〜』と今回のフルアルバム『4Wheels 9Lives』を同時に作っているという話が出てきて。とにかく曲ができているから、それをふたつのアウトプットに分けたっていう。だから、今回のフルアルバムも相当なもんになるだろうなって思っていたけれど、案の定、めちゃめちゃかっこいい。

横山健(Vo・G) ありがとうございます。

――まずは、今作ができた経緯を話してもらえますか。

横山 えっくん(松本英二)が2019年の頭に加入して、ライブを始めたんですね。それから新曲を作っていって、2019年の12月にフルアルバムを録ろうって計画していたんですけど、僕の体調不良でレコーディングが飛びまして。ただ、思いのほかリカバリーがよくて、すぐスタジオワークには戻れたんです。でもライブは、飛ばしちゃったものもあるのでできない。だから、とにかく曲を作っていこうってなった。そうすると曲が増えてしまって、シングルとアルバム、どちらも作るのはどう?ってなったわけです。でも、今度はコロナですよ。だから、さらに曲を作っていって、シングルをミニアルバムにしちゃおうぜっていうことになった。で、ミニアルバムを去年の9月にリリースして、そのリリース直後にフルアルバムを録り始めました。曲はずーっと並行して、一緒くたに作っていた感じです。

――なるほど。復活の勢いみたいなものと、ライブがコロナのせいでできないから制作に打ち込めるっていう部分と、両方が相まって、量、質ともに、とんでもないアルバムになったっていう感じなんですね。

横山 とにかく時間があったので、曲はいっぱい作れましたね。僕らは、作ったら全部録るタイプなんですけど、珍しくボツにもしたし。まあ、いつもはギリギリでしか作らないっていうのもあるんですけど。今回は、この曲好きだけど、入れるとイメージが散漫になりそうだからのちにとっておいて、今揃っている曲の延長線上の曲を作んない?っていうやり取りもできたんですよ。

――量が増えた意味はわかるんです。それだけではなく、一段とかっこよくなった理由を説明してもらってもいいですか。

横山 これも、時間がすごくあったからですね。楽曲自体を練れたし、チョイスできたし。あとは、ドラマーが変わったことが大きいです。

この際だからっていうのでもないんですけど、新しいKen Bandを意図的に作り出そうとしているところもあったのかなって(南)

――えっくん的にはどうですか?

松本英二(Dr) 個人的には『Bored?〜』と『4Wheels〜』はふたつでひとつみたいに、上下巻みたいに捉えていて。だから、『Bored?〜』から『4Wheels〜』になって変わったかっていうと、あんまり差はピンとこないんです。でも、『4Wheels〜』は、僕のコーラスパートが増えています。

――すごくフィーチャーされてるよね。

英二 なんかわかんないけど、ブースに入ると盛り上がっちゃうんです(笑)。

横山 えっくんのコーラスは完全に武器になりましたね。作る曲のアレンジも、それがあるとないとで変わってくるんですよ。僕自身もハイスタでコーラスたくさんやっていたし、コーラスグループの音源を聴くの好きだし、結構コーラスが好きなんです。えっくんのコーラスのおかげでやれることの幅が広がったっていうのは、結構デカいですね。

――えっくんは、ちょっとチャイルディッシュなキャラもあるじゃない。Ken Bandのサウンドにこういうコーラスが入るって、予想もしていなかったけど、入ると面白い。いいですね、すごく。

英二 僕、チャイルディッシュなんですね、なるほど。初めて聞きました。

横山 うちのフランキー・ヴァリです(笑)。

――南さんはどうですか? この2作におけるサウンドの変化、音楽の進化について。

南英紀(G) なんか、この際だからっていうのでもないんですけど、新しいKen Bandを意図的に作り出そうとしているところもあったのかなって。もちろん、メンバーチェンジもあったけど、しばらく活動もできなかった状態から新たに世の中に出ていくわけじゃないですか。別に前のKen Bandがどうこうっていう話じゃないんですけど、そこで新しいものをっていうのも、もしかしたらあったのかもしれないですね。

――Junさんはどうですか。

Jun Gray(B) メンバーチェンジって、やっぱお客さん的には不安になったりとか、マイナスなイメージにとる人も多いじゃないですか。でも、やっている側としては絶対プラスに変えてやんないとって思っているわけで。入ってきたえっくんとしては、1年間ライブを続けてきた中で、いろいろ課題とかも出てきて、煮詰まったりしたのかもしれないけれど。でも、そのあと健の体調不良があって、そのまま新曲作りにドーッて入っていったので時間がたっぷりできて。そこで本人も課題をクリアしていったところはあると思うんです。そうやって、えっくんがいろいろできるようになるとこっちも、「ああ、そういうドラム叩くんだ」、「俺はベースこうしよう」って面白いことを思いついたりできる。そういう相乗効果もありました。

次のページ圧倒的に横山節のメロディのアルバムにしたいっていう思いが強かった(横山)
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

フォローする