ミューズ @ 横浜アリーナ

ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEIPhoto by TEPPEI

ミューズの来日は2年前のフジロック以来だが、単独来日としては実に4年ぶりとなる。ちなみ2年前のフジは最新作『ドローンズ』を引っさげてのツアーで、同ツアーは昨年夏まで続いている。そして今回のツアーが新たに始まったのが、今年5月だ。5月と言えば、ニュー・シングル“Dig Down”がリリースされたタイミング。「ということはニュー・アルバムのプレ・ツアーってことになるのか?」と思ったファンも多いはずだ。

でもご存知のとおり、“Dig Down”の後は新曲は未だリリースされておらず、ニュー・アルバムのリリースは2018年前半になる予定だという。つまり、今回のツアーは新作ツアーでも新作プレ・ツアーでもない、ミューズの活動のタイムラインにおいてどこか「エアポケット」的なエクストラ・ショウだということになる。

その結果、昨夜の横浜アリーナ公演は、デビュー・アルバム『ショウビズ』のナンバーから最新作『ドローンズ』のナンバーまで入り乱れた、まさにオールタイム・ベストなセットリストとなった。バンドの今後の方向性を指し示すべきタイミングではなかった代わりに、改めてミューズの楽曲のバラエティ、ド派手なライブの演出、そしてライブ・バンドとしての彼らの破格の実力を真正面から見せつける、贅沢なエンターテインメントになったのだ。

ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEIPhoto by TEPPEI

オープニングはいきなりの“Dig Down”だったが、この曲はエレクトロとグラム・ギターをコンバインした構築的シングルで、『ザ・セカンド・ロウ~熱力学第二法則』における“Madness”の役割にも似た異色のティザー的チューン。それもあってかライブのイントロのように機能していて、続く大鉈の振り子のようなリフとコーラスが轟く“Psycho”によって、ライブの本編が一気にヒートアップする。そこから流れるように“Map of the Problematique”へ、そしてマシューがギター・ノブをぐりぐり回して焦らしつつ雪崩打った“Plug In Baby”で場内は一気にバースト!ギター・ソロとギター・リフの相乗効果で倍々ゲームにヒートアップしていく、これぞミューズのライブの真骨頂だ。

  • ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEI

    Photo by TEPPEI

  • ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEI

    Photo by TEPPEI

  • ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEI

    Photo by TEPPEI

  • ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEI
  • ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEI
  • ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEI

彼らは今回のツアーでセットリストを毎日少しずつ入れ替えているが、基本的にミューズのオール・キャリアの変遷をすべて見せる内容になっている。欧州的なエレガンス漂うグラム調のナンバーや、ヘヴィ・メタル、ラウド・ロックで肉体性で圧倒するナンバー、さらには実験的なエレクトロ・チューンから、教会音楽やクラシックのシンフォニーをプログレ的に展開していく、ミューズならではの過剰なドラマツルギーの再現まで、実に様々だ。ちなみに今回の彼らのプレイは、過剰は過剰なりにきっちりまとまり、大きな逸脱のないプレイだったと言える。

ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEIPhoto by TEPPEI

「次は古い曲、ほんとに古い曲をやるよ。日本でやるのは本当に久しぶりなんだ」とマシューが言って、この日はなんと“Showbiz”をプレイしてくれた! 懐かしい! 日本でこの曲をプレイしたのは2001年の単独来日以来ではないか。冒頭でも書いたとおり、エアポケットの公演だからこそひとつの方向性にしばられず、彼ら自身もバラエティを楽しんでいる。ザ・クランプスの“New Kind of Kick”のカバーは、ここ最近のライブのレギュラー・ナンバーとなっている一曲。彼らは今年のハロウィン(10月31日)にはコスプレも完璧な同ナンバーのカバー・ビデオを公開していたが、こういうお楽しみも今回のツアーの特徴だ。

“Madness”からの数曲はクリスとドムのインスト・バトルと化した“Munich Jam”を筆頭にエクスペリメンタルな曲が続いたが、そこにド派手な着物というか羽織姿のマシューが登場し、その殆どコントのような彼の出で立ちに場内は大きなどよめき(というか笑い)に包まれる。マシューはそのままアリーナに降り立って練り歩きを敢行、“Starlight”1曲が丸々ファンとの触れ合いコーナーとなり、お約束の巨大風船まで頭上を行き交い始めて場内はほとんどカーニバルの一場面のような状態に。“Mercy”では紙吹雪がアリーナの四方八方で吹き上がり、スモークもばんばん炊かれ、さらにダメ押しで紙テープが一斉噴射! ミューズのミューズらしさ、ここに極まれり! という瞬間だ。

今回のツアーは、ショー・タイムがトータル90分強と彼らとしては短いパフォーマンスであり、映像や照明の演出を含めて彼らとしてはシンプルな部類のステージだ。そのぶん非常に濃厚でエッセンシャルな、ミューズのミューズらしさが抽出されていたライブだったと思う。(粉川しの)

ミューズ @ 横浜アリーナ - Photo by TEPPEIPhoto by TEPPEI

〈SETLIST〉

Dig Down
Psycho
Map of the Problematique
Plug In Baby
The 2nd Law: Isolated System
Showbiz
The Handler
Supermassive Black Hole
New Kind of Kick
Madness
Dead Inside
Munich Jam
Starlight
Time Is Running Out
Mercy
The Globalist
Uprising
Knights of Cydonia



なお、本日11月14日にも横浜アリーナで開催されるミューズの来日公演では当日券が販売される予定だ。

詳細は以下。

最新ブログ

フォローする