sumika/日本武道館

sumika/日本武道館 - All photo by 後藤壮太郎All photo by 後藤壮太郎
3月14日、sumikaが全国ツアーを日本武道館からスタートさせた。以下のテキストでは同公演のレポートをお届けするが、具体的な演奏曲名は記載していないため、今後の公演に参加予定の方もご安心を。sumikaは昨年のツアーで武道館3デイズ(無料イベントを含む)を開催しているため、単独公演で武道館のステージに立つのはこれが4回目。とはいえ、客席にいる私たちでさえ何となく背筋を伸ばしてしまうほど、特有の厳かさがあるこの会場。さらに彼らにとってこの日は、ツアーの初日かつ2019年初ライブだったため、若干緊張しているようだった。MCで「ずっと地下で(レコーディングの)作業をしてたのに、いざ地上に出てみたら武道館だなんて」と話していたが、確かにそんなシチュエーションはなかなかない。

sumika/日本武道館

それでも彼らが音楽を鳴らせば、たちまちあちこちで笑顔が咲き、そこは温かな食卓のようになる。片岡健太(Vo・G)、荒井智之(Dr・Cho)、黒田隼之介(G・Cho)、小川貴之(Key・Cho)、ゲストメンバーの井嶋啓介(B)によるサウンドは、瞬間ごとにくるくると色彩を変えていく。sumikaの音はみずみずしく、キラキラとしていて力強い。私たちのことを、そしてメンバー自身のことさえも外の世界へ連れ出してくれるような、勇敢なやさしさがあるのだ。

sumika/日本武道館

客席からの歌声や手拍子に対し「その5倍!」、「その10倍!」と呼びかけていた片岡は、後のMCで「拍手の音が滝のように降ってくるからSEの時点で泣きそうだった」と打ち明けていた。黒田は、自分の弾いていない箇所で他のメンバーの旋律に合わせてジェスチャーしたり、不意に前方へ駆け出して客席の方を見渡したりと、この時間を全身で謳歌していた。小川の鍵盤から飛び出す弾むようなメロディ、朗らかな歌声によるコーラスは、バンドサウンドをワントーン明るくさせる役割を担っている。荒井が全開の笑顔で、大きく歌詞を口ずさみながら演奏しているのが度々スクリーンに映し出されていた。

sumika/日本武道館

セットリストは前日にリリースされたばかりのアルバム『Chime』の収録曲が中心。しかし、リリースツアーだからそういうものなのだ、という言い方をするのは少々乱暴かもしれない。省略せずに言うと、彼らがミュージシャンとして発表した最新のアウトプットが『Chime』であり、それこそが今まさに届けたい作品なのだから、その収録曲を中心に演奏してますよ、ということ。「今日2019年3月14日に、純粋にあなたの前で歌いたい曲を持ってきました」という片岡の発言の真意はそういうところにある。

sumika/日本武道館

このツアーで初披露となる新曲に関しては、盛り上げ要員として早速即戦力になっていた楽曲もあれば、海底に置き去りにされたかのような孤独さ、静けさを感じさせる楽曲もあった。片岡がハンドマイクで歌う曲はカメラアピールも加味していた上でのパフォーマンスが既に確立されていて、客席から黄色い声が上がる。セッション的要素のある、公演ごとに変化していきそうな箇所も多数見受けられた。これまでと比べて、全体的に、言葉よりも音楽そのもので語るライブだったように思う。それは『Chime』というアルバムがそれだけ雄弁な作品だからだ。

sumika/日本武道館

また、これまでの作品からの楽曲に関しては、オーディエンス一人ひとりが手拍子やシンガロング、掛け声などで積極的に参加していた。それに対し片岡が「わかってるね~」と返す場面が何度かあったのも印象に残っている。タイアップ楽曲をリリースする機会の多かった2018年はsumikaの楽曲がより「広く」伝わるようになった年だったが、同時にしっかり「深く」浸透していっているよう。そんなことが場内の様子から伝わってきた。

sumika/日本武道館

以上、初日公演のレポートをお届けしたが、今後もツアーは続くため、演出面やMC含め、ライブの根幹に関わる重大な事項を詳述するのは控えておいた。最も大事な部分をお伝えすることができず恐縮だが、その辺りに関してはあなたご自身が会場で直接感じ取っていただけると嬉しい。ツアーは6月30日(日)、大阪城ホールまで続いていく。(蜂須賀ちなみ)

sumika/日本武道館
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする