BUMP OF CHICKEN @ Zepp Tokyo  

アルバム『orbital period』がリリースされ、初めての、そして久々のワンマンツアー“ホームシック衛星”初日。満員のオーディエンスは、募る期待感ではちきれんばかりの表情を浮かべている。スタート時間から間もなくして、メンバー4人が登場すると、地鳴りのような歓声があがる。初日が終ったばかりのため、曲名などに関する具体的な記述は避けるが、1フレーズ歌って、藤原は勢いよく拳をつき上げた。性急でアッパーな曲を続け、場内は早くもピークを迎えたような興奮状態に。  

「どうもありがとう! 待ってた? 俺も待ってたよ」と最初のMCで話した藤原。『orbital period』の、初めてのライヴという場で鳴らされた曲たちが、藤原の熱のこもった鋭い歌声と、バンドの生き生きとしたアンサンブルでもって、躍動していく。  

1曲ごとに上がる歓声と声援。「ライヴ久しぶりなのに、なんで君らそんなにあったかいんだい?」という藤原のセリフも飛び出るほど、この日の熱気はすごかった。メンバー4人も、久しぶりのワンマンを、心から楽しんでいるような表情を浮かべ、演奏にはとても気合が入っていた。  

本編ラスト曲が演奏される前、藤原は「どうもありがとう。ツアー、行ってくるよ」と口にした。ここから長い長いツアーが始まったのだ。(小松香里)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする