【徹底予習】祝・6年ぶりの来日決定! マムフォード&サンズのライブを絶対に見逃せない理由をとことん掘り下げる

【徹底予習】祝・6年ぶりの来日決定! マムフォード&サンズのライブを絶対に見逃せない理由をとことん掘り下げる

マムフォード&サンズが、傑作アルバム=『デルタ』(2018)を引っさげて日本に帰ってくる! 彼らの6年ぶりとなる来日公演が決定し、「ついに!」と歓喜したファンも多いはず。

2013年、前回の来日公演当時、グラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めたことで大きな話題になったが、欧米での圧倒的人気はとどまるところを知らず、「Delta Tour」では60公演でのべ80万人以上を動員。エレクトリックというパンドラの箱を開け、アコースティックと両立させるという進化を遂げた彼らの演奏を観られるこの超貴重なライブ、見逃すわけにはいかないだろう。

今回のコラムでは、来る来日公演を200%楽しむべく、ジャンルを越境した最強のロック・バンド、マムフォード&サンズの結成からアルバムごとの変化、そしてライブの進化もおさらいしながら、彼らの魅力を今一度掘り下げてみたい。


文=新谷洋子

ロンドンのフォーク・ムーブメントから衝撃のデビュー


それは2011年2月の第53回グラミー賞授賞式でのこと。マムフォード&サンズの4人のメンバーは、“Maggie's Farm”を歌うボブ・ディランのバックバンドを務めるという大役を果たした。この年の新人賞候補に挙がり、快進撃中だった彼らにとって、敬愛するヒーローとの共演は大きなマイルストーンだったと言えよう。当時リリースから1年半が経過し、セールスは100万枚を突破していた1stアルバム『サイ・ノー・モア』は、授賞式の翌週に全米チャートでの最高位となる2位に上昇。英国人でありながらアメリカのルーツ・ミュージックをこよなく愛する4人が、カントリーやフォーク、ゴスペル、ブルーグラスを消化して作ったアルバムだっただけに、アメリカで成功することは音楽的ホームカミングとでも呼ぶべき快挙だった。


そんな異色バンドを生んだのは、ウィンストン・マーシャルが主宰するクラブ・イベントから発信されたロンドンのフォーク・ムーブメント。ノア・アンド・ザ・ホエール、ローラ・マーリング、ジョニー・フリンといった面々が関わるシーンで07年末に活動を始めた彼らは、鍵盤(時折アコーディオンも弾くベン・ロヴェット)、ダブル・ベース(テッド・ドウェイン)、バンジョー(ウィンストン・マーシャル)、アコギとボーカルとキックドラム(マーカス・マムフォード)というユニークな編成のアコースティックなアンサンブル、素朴な声のハーモニー、そしてマーカスが綴るひたむきな言葉を、キャッチーなアメリカーナ・ポップに落とし込んで、独自のスタイルを見出すのだ。

次のページ今、彼らのライブはここまで進化している! エレキに持ち替え、生まれ変わったバンドの魅力に迫る
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする