ビー・ジーズのミュージカル、バリー・ギブとメンバーの家族の協力のもと制作されることに

ビー・ジーズのミュージカル、バリー・ギブとメンバーの家族の協力のもと制作されることに

ビー・ジーズを題材としたミュージカルが、唯一生存しているメンバーであるバリー・ギブのプロデュースの共、制作されることが明らかになった。

Rolling Stone」によれば、ミュージカルはバリー・ギブに加え、メンバーで2003年に亡くなったモーリス・ギブの妻イボンヌ、同じくメンバーで2012年に亡くなったロビン・ギブの遺産管理団体がUniversal Picturesのライブ・シアター部門と協力し、制作されるとのこと。

Bee Gees - How Deep Is Your Love

今回のミュージカルに関してバリー・ギブは「これは私たちの新たな冒険で、兄弟全員に注目を集め、そして私たちの本当の物語を語ることができる機会なんだ。私の最もリスペクトする人々と(ミュージカルを)一緒に作れることは光栄なことだよ」とコメントしている。

このミュージカルのタイトルや公開時期などはまだ決定していない。

なお、ビー・ジーズの楽曲が使用されていることでも有名な映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のサウンド・トラックだが、発売40周年を記念したデラックス・エディションが11月17日にリリースされる。
同作品は現在ビー・ジーズの公式サイトから予約を受け付けている。

さらにビー・ジーズの活動最初期にあたる1963年から1966年までの音源によるベスト・アルバム『ANTHOLOGY 1963-1966』が発売されることも決定している。

最新ブログ

フォローする