アクモンのアレックスお気に入りのアルバムとは? 新作収録曲のインスピレーション源も明かす

アクモンのアレックスお気に入りのアルバムとは? 新作収録曲のインスピレーション源も明かす - pic by Zackery Michaelpic by Zackery Michael

5月11日に5年ぶりのニュー・アルバム『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』をリリースするアークティック・モンキーズだが、英「Radio X」が「MOJO」のインタビューをもとに、アレックス・ターナーのお気に入りのアルバムや作曲家・作家7選を紹介している。

本記事ではその中から3つを選出し、「Radio X」に掲載された解説文の抜粋と共に紹介していく。


レナード・コーエン『Songs Of Love And Hate』


アクモンのアレックスお気に入りのアルバムとは? 新作収録曲のインスピレーション源も明かす

これまでに度々レナード・コーエンへのオマージュを捧げており、ミュージシャンとしてコーエンにインスパイアされていることを明かしているアレックス。

『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』のオープニング曲“Star Treatement”は、レナード・コーエンの『Songs Of Love And Hate』(1971)に収録されている“Dress Rehearsal Rag”にインスピレーションを受けた楽曲なのだとか。
https://www.youtube.com/watch?v=lNTFqSaFwyo


ディオン『Born to Be with You』


アクモンのアレックスお気に入りのアルバムとは? 新作収録曲のインスピレーション源も明かす

1975年にリリースされたディオンの『Born to Be with You』だが、アレックスはこのアルバムが「今までもこれからも、ずっと好きな作品」と語っていたようだ。

「一緒に生きていきたいと思えるレベル」とまでコメントしていたとか。


ビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』



ビーチ・ボーイズの歴史的名盤『ペット・サウンズ』に影響を受けたミュージシャンは少なくないが、アレックスもその1人のようだ。

アレックスは新作の制作中、「『ペット・サウンズ』のライブのサウンドをイメージしていた」と明かしていたという。



『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』の詳細は以下。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする