プロフェッツ・オブ・レイジ、2ndALの制作を終えたことが明らかに。今週末にはリードSGをリリースか

プロフェッツ・オブ・レイジ、2ndALの制作を終えたことが明らかに。今週末にはリードSGをリリースか

プロフェッツ・オブ・レイジがニュー・アルバムの制作を終え、今週末にリード・シングルを発表する予定であることがわかった。2017年の1stアルバム『プロフェッツ・オブ・レイジ』に続く2作目となる。

ベーシストのティム・コマーフォードとドラマーのブラッド・ウィルクは、現地時間6月30日のフィンランド公演の前に「Kaaos TV」のインタビューに答え、新作が間もなくリリースされる予定であることを明かした。

同インタビューで1stアルバムの反響を問われると、コマーフォードは以下のように答えている。

俺が思うに、俺たちのバンドとしての証を残せた(アルバムだと)思う。俺たちはレコードを作って、それが時代に名を残すものになったんだ。

今は別のアルバムを作ってる。もう13曲レコーディングが終わって、それをまとめてる段階なんだ。つまり、いろんなことが起きてるってことなんだよ。

7月7日に新しい曲をリリースするよ。新たな領域に踏み込んだ、新しいサウンドで新しい音楽になってる。



なお、先日手を骨折したことが明らかになったプロフェッツ・オブ・レイジのトム・モレロが、手術から3日後の現地時間6月26日にストックホルムで公演を行った際、「腕がちょっと疲れてきた」からということで自身の代役を募ったことも話題になっていた。

トムは観客席の前のほうにいたマイク・スヴェンソンというファンを選び、マイクはトムの代役としてレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの“Bulls On Parade”を見事に演奏している。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする