40周年を迎えたザ・キュアーが披露した歴代の名曲の数々ーーヘッドラインを務めた英イベントを徹底レポート!

40周年を迎えたザ・キュアーが披露した歴代の名曲の数々ーーヘッドラインを務めた英イベントを徹底レポート!  - 『rockin'on』2018年9月号より『rockin'on』2018年9月号より

今年で結成40周年を迎え、6月にはバンドのフロントマン、ロバート・スミスがキュレーターを務めた「Meltdown Festival」を開催したザ・キュアー

『ロッキング・オン』9月号では、そんなメモリアルな年を迎えたザ・キュアーをヘッドラインに迎え、現地時間7月7日にロンドンのハイドパークで行われたイベント「British Summer Time 2018」の現地レポートを掲載している。

「British Summer Time」は2013年に始まったイベントで、その年を象徴するアーティストをヘッドライナーに据え、複数日にわたって開催される音楽フェスだ。

今年はザ・キュアーの他、ロジャー・ウォーターズエリック・クラプトンブルーノ・マーズといった面々がヘッドライナーを飾る豪華なラインナップとなった。

ザ・キュアーの出演日には、彼らの音楽にインスパイアされたであろうアーティストたちも集結。スロウダイヴエディターズライドインターポールゴールドフラップザ・トワイライト・サッドらが名を連ねている。

そして、各アーティストたちのパフォーマンス後、いよいよキュアーがステージに登場。“Plainsong”、“Pictures Of You”といった最近のライブでの定番曲がオープニングを飾った他、“Lovesong”ではシンガロングが起こり、“If Only Tonight We Could Sleep”、“Disintegration”が披露されるなど、オールタイムのまさにグレイテスト・ヒッツなセットリストとなった。

アンコールでは“Friday I'm in Love”といった名曲を披露するザ・キュアーだが、ロバート・スミスは終盤、少しはにかみながら40年前のことを振り返った。

40年前の今週末、クローリーのザ・ロケットでザ・キュアーとして初めてプレイしたんだ。そのとき、40年後に何をしているかって誰かに訊かれたとしても、僕の答えはきっと間違ってたはずだよ。


ロバートは「最後に贈る曲は、長い旅を経てここにいるすべての人たちに」と観客に向けて告げると名曲“Boys Don't Cry”を演奏。全29曲、約2時間の濃密なステージとなった。

記事では、同ライブのより詳細なレポートはもちろん、当日のパフォーマンス風景を収めたライブ写真も掲載。

ぜひ『ロッキング・オン』9月号にて、ザ・キュアーの40年の歴史を辿る同公演の全容を確認してほしい。



ザ・キュアーの記事は現在発売中の『ロッキング・オン』9月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

40周年を迎えたザ・キュアーが披露した歴代の名曲の数々ーーヘッドラインを務めた英イベントを徹底レポート!  - 『rockin'on』2018年9月号『rockin'on』2018年9月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする