ビヨンセ、ついに2016年リリース『レモネード』をストリーミング・サービスで解禁

ビヨンセ、ついに2016年リリース『レモネード』をストリーミング・サービスで解禁

ビヨンセが2016年にリリースしたアルバム『レモネード』が各種ストリーミング・サービスにて解禁された。

同作は2016年にTIDALのみでストリーミングが開始、この発表から1週間でTIDALの加盟者が120万人増加していた。

「Variety」の報道をもとに「Official Charts」や「The FADER」が報じたところによると、4月23日に『レモネード』がApple Music、Spotify等を含むストリーミング・サービスにて配信開始されるという。


『レモネード』は事前告知なしのサプライズ・リリース、さらに前作に引き続き「ビジュアル・アルバム」というコンセプトとその内容で大きな話題となった。ソロ・デビューから6作連続となる全米1位を始め、イギリスや日本を含め世界102カ国のiTunesで1位を獲得している。

ディスクレビューはこちら。

万物の理に基づいた報復劇
4月に突如デジタル・リリースされた新作であり、アルバムのヴィデオがコンパイルされていた点も前作『ビヨンセ』と同様だが、今回のヴィデオ“レモネード・フィルム”では、全編のストーリーを繋ぎ合わせるようにモノローグ風のスポークン・ワードが挿入されている。前回以上に作品として重要なヴィデオなので、きっ…
ビヨンセ レモネード

なお、ビヨンセは4月17日、2018年のコーチェラ・フェスでのパフォーマンスを収めたライブ・アルバム『HOMECOMING: The Live Album』を突如リリースしており、同日には同じく昨年のコーチェラ・フェスの模様を収めたドキュメンタリー『HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品』をNetflixにて配信している。

https://youtu.be/UbKSU07uf7Q

※2019年4月24日に記事の内容を更新
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする