世界ツアーを終えたガンズ・アンド・ローゼズ、2020年の初ライブが決定! スーパーボウル関連の音楽フェスに出演

世界ツアーを終えたガンズ・アンド・ローゼズ、2020年の初ライブが決定! スーパーボウル関連の音楽フェスに出演

2016年4月にスタートした「Not in This Lifetime... Tour」が現地時間11月2日に行なわれたラスベガス公演をもって終了したガンズ・アンド・ローゼズだが、2020年の初ライブが決定した。

Ultimate Classic Rock」によると、バンドは現地時間2020年1月30日(木)~2月1日(土)にかけて、フロリダ州マイアミのAmerican Airlines Arenaで開催されるスーパーボウル関連のフェス「Bud Light Super Bowl Music Fest」に出演するという。


同フェスにてガンズは1月31日のヘッドライナーを務める予定で、30日はDJキャレドとダベイビー、2月1日はマルーン5がそれぞれ出演するという。なお、この他の出演アーティストについては現時点で発表されていない。


なお、バンドは「Not in This Lifetime... Tour」で計158公演を開催し、537万1891枚のチケットを販売。その結果、5億8420万ドル(約637億3554万円)もの収益を記録し、アーティストによるツアー興行収入ランキングでエド・シーランU2に続き歴代3位にランクインしている

また、ワールド・ツアーを終えたメンバーは、『ユーズ・ユア・イリュージョンI』と『ユーズ・ユア・イリュージョンII』のリリース以降初となるスタジオ・アルバムを制作する予定だ。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする