カニエ・ウェスト率いるSunday Service Choir、予告通りクリスマスにアルバム『Jesus Is Born』をリリース!

カニエ・ウェスト率いるSunday Service Choir、予告通りクリスマスにアルバム『Jesus Is Born』をリリース!

カニエ・ウェスト率いるSunday Service Choirが、アルバム『Jesus Is Born』をリリースした。

カニエは、今年10月に最新アルバム『ジーザス・イズ・キング』を発表した際、Appleのラジオ局「Beats 1」の番組に出演し『Jesus Is Born』と題した新たなゴスペル・アルバムをクリスマスにリリースすることを明かしていた

Stereogum」によると、『Jesus Is Born』にはカニエの楽曲“Ultralight Beam”のゴスペル・アレンジや、これまでカニエが行なってきたSunday Service(日曜礼拝)で演奏されたナンバーなど全19曲が収録されているという。


なお、カニエは以前『ジーザス・イズ・キング』の続編をドクター・ドレーと制作中であることを明かしており、自身のSNSに「Ye(カニエ自身)とドレーの『ジーザス・イズ・キング』Part 2がもうすぐ到着する」とコメントを添えた写真をアップしていた。


カニエの最新アルバム『ジーザス・イズ・キング』のレビューは以下。

精神科も処方薬も拒絶したカニエの心療信心アルバム
18年の『イェー』以来となる新作だが、全編ゴスペル色の濃いアルバムで、神と自身の信心について綴った「クリスチャン・ラップ」という内容だ。カニエは19年に入って、“サンデー・サービス”というゴスペル活動を開始していて、自分の楽曲やカバー曲をゴスペルとして披露するパフォーマンスを続けてきたこと…
カニエ・ウェスト ジーザス・イズ・キング
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする