神はサイコロを振らない、3/17に1stシングル『エーテルの正体』リリース決定

神はサイコロを振らない、3/17に1stシングル『エーテルの正体』リリース決定
神はサイコロを振らないが、3月17日(水)に1stシングル『エーテルの正体』をリリースする。

同シングルは、バンドにとってメジャーデビュー後初のフィジカル作品となる。収録曲には、1月9日(土)放送開始のテレビ朝日系NUMAnimation『ワールドトリガー』2ndシーズンエンディングテーマ“未来永劫”、眞栄田郷敦が主演を務めた2021年の日本テレビ 新春ドラマ『星になりたかった君と』主題歌“クロノグラフ彗星”を含む、全4曲が収録される。アニメ主題歌、ドラマ主題歌を担当するのも、バンドにとってこれが初となる。

形態は、初回限定LIVE盤、初回限定アニメ盤、通常盤の3種類。初回限定LIVE盤のDVDには、昨年7月10日に開催された、メジャーデビュー発表も行われた無観客オンラインライブ「Streaming Live『理 – kotowari -』」のライブ映像が完全収録(収録分数:約45分予定)される。初回限定アニメ盤には、アニメ『ワールドトリガー』2ndシーズンのメインキャラクター描き下ろしデザインで構成されたスペシャルジャケット仕様のスリーブケースが付属されるほか、スリーブケースと同じ、メインキャラクターの空閑遊真、三雲修、雨取千佳、迅悠一の描き下ろしデザインが、それぞれ独立して使用できるスペシャルステッカーシートが収められる。

さらに、“未来永劫”のデジタルリリース日が、1月22日(金)に決定したことも発表された。本日より、Apple MusicのPre-add、SpotifyのPre-saveがスタートとなっている。同曲の歌詞は、歌詞検索サービス「歌ネット」にて1月9日(土)から先行公開される。


【柳田周作(Vo) コメント】
物理学において光が波動として伝搬する為に必要な媒質、神学においては常に輝き続けるものを意味する「エーテル」。
誰かの人生を「光」に置き換えた時、どんなに深い悲しみや苦しみを背負ったとしても、僕らの音楽が誰かの人生の背景となり、媒質となり、生き抜いてゆく為の道標となる事を願って。
作品を作っていく中で音楽そのものが、音楽こそが「エーテル」であるという事に気付き始めた事から今作を『エーテルの正体』と命名しました。





  • 神はサイコロを振らない、3/17に1stシングル『エーテルの正体』リリース決定
  • 神はサイコロを振らない、3/17に1stシングル『エーテルの正体』リリース決定
  • 神はサイコロを振らない、3/17に1stシングル『エーテルの正体』リリース決定
  • 神はサイコロを振らない、3/17に1stシングル『エーテルの正体』リリース決定

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする