ノエル・ギャラガー、オアシス再結成の可能性を改めて否定。「バンドのレガシーは変えられない」

ノエル・ギャラガー、オアシス再結成の可能性を改めて否定。「バンドのレガシーは変えられない」

3月にはノエルリアム・ギャラガーが映画会社を設立し、1996年にオアシスが開催したネブワース公演のドキュメンタリー映画の公開も決定したが、そんななか、ノエルがオアシスの再結成を再び否定している。

Consequence Of Sound」によると、オーストラリアの番組『The Project』に出演したノエルが、オアシスの再結成に「気が進まない」と語っている。

「その質問を毎日のように訊かれるけど、俺が言えるのは『気が進まない』ってことだけだ。バンドにいると絶対に妥協しなくちゃいけない。だから、ないね。4人でバンドをやらなくちゃいけない理由を思いつかないし、(再結成したとしても)6週間後に誰かの猫が病気になったからってダメになるんだ。だから、我が道を行くほうがいい。残念だけど、オアシスは過去のものだ。

バンドのレガシーは変えられない。オアシスを観たことがあるヤツらは、なにをそんなに大騒ぎしているのかわかるだろうけどね。観たことがない人は難しいだろう。俺も、ザ・ビートルズセックス・ピストルズを観たことないからさ」


なお、ネブワース公演のドキュメンタリー映画の制作には、ギャラガー兄弟が参加すると報じられている



『ロッキング・オン』最新号のご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


ノエル・ギャラガー、オアシス再結成の可能性を改めて否定。「バンドのレガシーは変えられない」 - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする