UKバンド・シーン異端の王位継承者:ブラック・ミディ、2作目にして早くも金字塔完成か?! マス・ロックの混沌から、クリムゾンの無限の宇宙へ。『カヴァルケイド』の全てを語る!

UKバンド・シーン異端の王位継承者:ブラック・ミディ、2作目にして早くも金字塔完成か?!  マス・ロックの混沌から、クリムゾンの無限の宇宙へ。『カヴァルケイド』の全てを語る!

「1stを出した時、世間で思われてるイメージと自分達とのズレみたいなのがあった。インタビューで影響を受け受けた音楽を訊かれた時に、いわゆるマス・ロック系のバンドの名前が一向に挙がってこないもんで、相手が訝しがって微妙な空気になったりとか」


英国ロックの新世代台頭を強烈に印象付けたデビュー作『シュラゲンハイム』から2年。ブラック・ミディ待望の2ndアルバム『カヴァルケイド』は、その衝撃を遥かに凌ぐ圧巻の1枚だ。

サウンドの独創性、楽曲のバラエティ、そして演奏の強度とスケール。全てにおいて本国の同世代においてはおろか、現行のロック・シーンを見渡しても群を抜いた存在感を示している。

サックスとキーボードを置いたクインテットに再編され、かつメンバー各自がマルチ奏者と化すことで「ギター・バンド」を逸脱したプログレッシブネスを獲得。インプロビゼーションを控え構成を意識した曲作りも相俟って、トータルの完成度は前作と段違いといって過言ではない。

いわく、ドラマ、コメディ、ロマンスの3本仕立ての「シェイクスピア路線」という今作。その波瀾万丈な“筋書き”について訊いた。(天井潤之介)



ブラック・ミディのインタビューは、現在発売中の『ロッキング・オン』7月号に掲載中です。ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

UKバンド・シーン異端の王位継承者:ブラック・ミディ、2作目にして早くも金字塔完成か?!  マス・ロックの混沌から、クリムゾンの無限の宇宙へ。『カヴァルケイド』の全てを語る! - 『rockin'on』2021年7月号『rockin'on』2021年7月号

公式SNSアカウントをフォローする
洋楽 人気記事

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする