エレカシとCHARA、JAPAN JAMでのセッションの打ち合わせ!

エレカシとCHARA、JAPAN JAMでのセッションの打ち合わせ!

エレファントカシマシの宮本浩次(Vo)とCHARAが『JAPAN JAM 2010』のセッション内容を打ち合わせるべく、ロッキング・オンに来社した。

両者は<エピック・レコード>でメジャー・デビューし、偶然にも現在、同じ<ユニバーサル・ミュージック>に所属しているが、過去に2度ほどしか面識はなかったという。しかし、打ち合わせが始まると両者はすぐに打ち解け、セッション内容の話はかなり熱の入ったものになった。お互いに歌いたい曲を挙げ、意見を出し合い、アレンジや構成の話にまで及んだ。

『JAPAN JAM 2010』のエレファントカシマシのステージには、おなじみのサポートメンバー蔦谷好位置(Key)、昼海幹音(G)に加え、昨年4月の『桜の花、舞い上がる武道館』にも参加したストリングス・セクションの金原千恵子(violin)、笠原あやの(Cello)が参加する。そしてCHARAとの共演は、『JAPAN JAM 』の開催で初めて実現するスペシャル・セッションとなる。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする