ミューズ、フランス・モンペリエから新作のツアーを開始。セットリストを公開

ミューズ、フランス・モンペリエから新作のツアーを開始。セットリストを公開

新作『ザ・セカンド・ロウ~熱力学第二法則』を引っ提げたツアーに乗り出したミューズは10月16日にフランスのモンペリエのパーク・アント・スイーツ・アリーナでその皮切りとなったライヴを行ったが、レア・トラックや初期のナンバーも披露することになったという。

オープナーには話題を呼んだ"ザ・セカンド・ロウ ~熱力学第二法則:維持不可"が飾り、"マッドネス ~狂おしい愛"や"サヴァイヴァル"などのシングル曲のほか、"スプレマシー ~覇権の終結"、"パニック・ステーション"、"アニマルズ"など新作収録曲も数多く披露されたが、ファンが最も沸いたのは2000年以来セットリストに登場してこなかった『ショウビズ』の"フォーリング・ダウン"が披露された時だった。

また、セットリストには"ヒステリア"に続いて「竜巻/ピラミッド登場」という記述があり、これがバンドがかねてから語ってきている今回のツアーの巨大な仕掛けなのだが、マット・ベラミーは『NME』に次のようにこの仕掛けについて語っている。

「基本的に逆さまのピラミッドで象徴的なオブジェになっているんだよ。ピラミッドというのは、どんな世界の人でも権力構造を象徴していると言うもんなんだよ。トップ・ダウン・システムを持って取締役が儲けをすべてもらって底辺の労働者より多く支払われているごく普通の企業体という一番基本的な形に始まって、イルミナティのような秘密結社に至るまで、あらゆる権力構造の象徴にピラミッドはあるんだよ」

「ピラミッドは世界中の権力構造を象徴しているんだ。それを逆さまにするというのは、そういう権力構造についてぼくたちがどう思っているのかということなんだよね」

バンドは12月19日までヨーロッパ・ツアーを続け、年明けには日本公演を予定している。

当日のセットリストは以下の通り。

Unsustainable
Supremacy
Hysteria
Supermassive Black Hole
Resistance
Panic Station
Animals
Explorers
Falling Down
Host
Time Is Running Out
Liquid State
Madness
Follow Me
Undisclosed Desires
Plug In Baby
New Born
Uprising
Survival
Starlight
Knights Of Cydonia

モンペリエ公演の冒頭の動画はこちらから→
http://www.youtube.com/watch?v=wwGFH9losAU&feature=player_embedded

(c) NME.COM / IPC Media 2012
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする