ボカロクリエイターズユニットout of service、JAPAN初登場! その「非バンド性」と「バンド感」に迫る

ボカロクリエイターズユニットout of service、JAPAN初登場! その「非バンド性」と「バンド感」に迫る
“サイコモーション”以降ボカロ界で絶大な人気を集めるクリエイターズユニット=out of service。
7月19日にベストアルバム『The History of OOS』をリリースするhayao konishi&kaiohnoのふたりにJAPAN初インタビュー!

それぞれが作曲・アレンジ・プログラミング・ミックスまで手掛け、それこそ制作面だけ見ればそれぞれスタンドアローンでも成立す
るふたりが、なぜあえてユニットという形で活動を展開しているのか?というout of serviceの基本構造から、「ボーカロイドと生演奏の共存」の可能性を追求するライブの在り方まで淡々と語るふたりの言葉からは、「京都大学の音楽サークルで結成された理系ユニット」とい
う頭脳派っぽいキャッチとは一線を画した、新たな音楽を開拓することへのとめどない情熱が伝わってきた。

既存曲のリアレンジバージョンに加えて収録された新曲“ホロンボット”“星の後日談”も最高。まだまだ進化すると思う。
そんなふたりのインタビューの模様は、ぜひ発売中の『ROCKIN’ON JAPAN』8月号にてご一読を。(高橋智樹)

最新ブログ

フォローする