Xmas Eileenのツインボーカルのおふたりにインタビューしてきました!

Xmas Eileenのツインボーカルのおふたりにインタビューしてきました!
期待通り、「テキーラ」と書かれたTシャツを着て抱腹絶倒の爆笑話をしてくれたのですが、その中には彼らの根底が伝わる内容もありました。
つまり「ホームがない」という感覚です。
Xmas Eileenの歌詞って、シリアスで暗いものが多いですよね。

今回の2ndアルバム『DIS IS LOVE』でも、バキバキの陽性EDMサウンドに乗って《最低な時代/大抵は苦い》(“Radio”)など、どん底の状態を叫んでいます。
それはやはり根っこに前述の感覚があるからで、だからこそ彼らは逆境だろうと突き進み、Xmas Eileenというホームをどんどんでっかくしていかなければならないのだ、という話をしてきました。
記事は『ROCKIN’ON JAPAN』11月号に掲載されますので、ぜひチェックを!(秋摩竜太郎)

最新ブログ

フォローする